爆益情報配信中!!!速報LINEの登録はコチラ

GMOコインの口座開設・登録方法【画像付きでわかりやすく解説!】

6 min 58 views

仮想通貨の現物取引やレバレッジ取引ができる取引所として、国内では人気のGMOコイン。

しかし、いざ口座開設をしようと思うと「口座を開設するのに必要なものはあるの?」「口座開設にはどれくらいの時間がかかるんだろう?」など、いろいろと不安な点もありますよね。

そこで本記事では、GMOコインの口座開設・登録方法を画像つきで分かりやすく紹介します。

この記事のまとめ
  • STEP1:メールアドレスとパスワードの設定
  • STEP2:2段階認証の設定
  • STEP3:個人情報の入力
  • STEP4:取引に関する情報の入力
  • STEP5:本人確認書類の提出

「GMOコインの口座開設に関するよくある質問」にもまとめて回答していますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

GMOコインの口座開設前に準備しておくもの

GMOコインで口座開設をするには、本人確認書類を提出しなければなりません。

本人確認書類は、以下から1つを選んで準備しておく必要があります。

  • 運転免許証
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 住民票の写し

上記の書類すべてを準備しておく必要はなく、提出しやすいものが1つあればOKです。

なお、GMOコインで本人確認書類を提出する方法は、以下の3つがあります。

  • スマホを使ったオンラインでの簡単な本人確認
  • 画像のアップロードによる本人確認
  • 郵便を受け取る際に、配達員に本人確認書類を提出

スマホを使いオンラインで本人確認をする方法が、もっとも簡単でスピーディに口座開設ができます。

そのため、特別な理由がない限りは、スマホで本人確認書類を提出する方法がおすすめです。

画像のアップロードによる本人確認をする場合は、本人確認書類のうちいずれか2点を準備する必要があるので、注意しておきましょう。

GMOコインの口座開設・登録方法完了までの流れ【画像付き】

それではここから、GMOコインの口座開設方法を紹介します。

  1. STEP

    メールアドレスとパスワードを設定する

    まずはGMOコインの公式サイトを開き、ページ上部にある「口座開設」のボタンを押しましょう。

    口座開設用の登録フォームが表示されたら、以下の項目を入力します。

    • メールアドレスを入力
    • 「個人のお客さま」にチェックを入れる
    • 「私はロボットではありません」にチェックを入れる

    入力し終わったら、「口座を開設する」のボタンをクリック。

    続いてメールに届いたURLをクリックし、パスワードを設定します。

    パスワードは、英数字などを組み合わせた8文字以上の半角文字を入力する必要があります。

    不正アクセスなどを防ぐためにも、大文字や小文字を組み合わせながら、なるべく強度の高いパスワードを設定しましょう。

    設定したパスワードは、忘れないようにメモを取っておくのがおすすめです。

    パスワードを入力したら「設定する」ボタンを押し、次の手続きに進みます。

  2. STEP

    2段階認証を設定する

    パスワードの設定が終わったあとに「ログイン画面へ」のボタンを押すと、GMOコインのログイン画面が表示されます。

    先ほど登録したメールアドレスとパスワードを入力して、「ログイン」ボタンをクリック。

    電話番号による認証画面が表示されるので、自分が使っているスマホの電話番号を入力し、「コードを送信」を押します。

    スマホに6桁の2段階認証コードが届いたら、そのコードを入力して「認証する」ボタンをクリックしましょう。

    ここまでの作業で、仮登録が完了しました。

    GMOコインで仮想通貨のトレードをするためには、個人情報や本人確認書類の提出が必要なので、「開設申込へ進む」をクリックして次のステップに進みましょう。

  3. STEP

    個人情報の入力

    以下のような個人情報ページが開いたら、名前・住所・生年月日など必要事項を入力します。

    外国籍などでない限りは、「米国納税義務者」と「外国の重要な公人」には「該当しない」にチェックを入れましょう。

    すべて入力し終わったら「次へ」のボタンをクリックして、取引に関する情報の登録ページへと移ります。

  4. STEP

    取引に関する情報の入力

    取引に関する情報の登録ページでは、職業や主な収入源などを入力します。

    必須項目はすべて記入しなければ登録できないので、抜かりのないよう入力しましょう。

    すべての項目を入力したら「確認画面へ」をクリックします。

    ここまで入力した個人情報や取引に関する情報の確認画面が表示されるので、間違いがないか確認しましょう。

    情報に間違いがなければ、登録情報に誤りがないことの確認と、利用規約のそれぞれにチェックを入れて「口座開設申込」のボタンを押します。

    これで口座開設の申込は完了です。

  5. STEP

    本人確認書類の提出

    口座開設をしたあとに実際の取引をするためには、本人確認書類を提出しなければなりません。

    先ほどのページで「口座開設申込」のボタンを押すと、そのまま本人確認の手続きページが表示されているはずです。

    一度ページを閉じてしまった場合は、GMOコインのトップページにある「本人確認の手続きをする」というボタンから手続きページに飛べます。

    手続きページを開くと以下のような画面が表示されるので、自分が希望する本人確認の手続き方法を選びましょう。

    今回はもっとも簡単な「かんたん本人確認」の方法を紹介します。

    かんたん本人確認の「選択する」というボタンを押すとスマホ用のQRコードが表示されるので、スマホでQRコードを読み込みましょう。

    スマホでQRコードを読み込んだら、次の流れで本人確認を行います。

    1. 本人確認書類の撮影
    2. 顔写真の撮影
    3. リアルタイムチェック

    書類と撮影の準備ができたら、スマホで以下の画面を開き「本人確認を始める」のボタンをクリック。

    本人確認で使用する書類の選択画面が表示されたら、希望する書類を選びます。

    そのまま本人確認書類の撮影が始まるので、画面の指示に従って撮影しましょう。

    本人確認書類の撮影が終わったら、次は顔写真の撮影です。

    本人確認書類の撮影と同じように、画面の指示に従って撮影を進めます。

    顔写真はさまざまな角度から撮影するため、背景の邪魔になるものがないことを確認し、明るい部屋で撮影しましょう。

    顔写真の撮影が終わったら、最後に「リアルタイムチェック」という撮影をします。

    こちらも顔写真と同様、画面の指示に従いながら撮影をすればOKです。

    すべての撮影が終わったら、GMOコインのトップページを開いてみましょう。

    上記画面のように「ただいま審査中です」の画面が表示されていたら、無事に本人確認の申込は完了しています。

    本人確認の審査が完了したら、GMOから口座開設コードのメールが届くのを待ちましょう。

    メールが届いたらGMOコインの会員ページを開き、先ほどの会員ページで口座開設コードを入力します。

    「口座開設」のボタンを押したら、GMOコインでの口座開設は完了です。

登録の際はぜひ上記の解説を参考にしてくださいね!

GMOコインの口座開設に関するよくある質問

ここからは、GMOコインの口座開設に関するよくある質問をQ&A形式で紹介します。

口座開設の条件はあるの?

GMOコインで口座開設をするための条件は以下の通りです。

1.日本国内に居住する20歳以上の個人であること
2.自身の責任と判断により、取引を行えること
3.各種約款、交付書面等の内容について承諾し、かつ電磁的交付を受けることに同意できること
4.外国の重要な公人(外国PEPs)でないこと
5.反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有しないこと
6.登録するメールアドレス又は電話番号が他のお客様のものと重複していないこと
7.GMOコインに提供する登録情報に虚偽や誤記、記載漏れがないこと
8.自身のメールアドレスおよび電話番号を持っていて、GMOコインからの連絡にいつでも出られること

出典:GMOコイン 口座開設方法

なお、国籍が日本人であっても、海外に居住している人はGMOの口座開設はできません。

逆に外国籍の人でも、日本に居住していれば口座開設はできます。

ただし、外国籍の人が口座開設をする場合は、「在留カード」もしくは「特別永住者証明書」のどちらかの提出が必要です。

登録完了までの時間が遅いと聞くけど、どのくらい時間がかかるの?

GMOコインでは、本人確認の手続き方法によって登録完了までの時間に差があります。

口座開設までにかかる時間のおおよその目安は以下の通りです。

  • かんたん本人確認:最短10分
  • 画像のアップロード、配達員への提示:通常1~2営業日

申込をする時間帯や相場の状況によっては、上記の目安時間よりも多少遅くなることがあるので、2~3日程度は待ってみましょう。

1週間経っても連絡が来ないなど、明らかに遅すぎる場合は以下の原因が考えられます。

  • 申込の殺到
  • 書類に不備がある

申込が殺到していることが原因の場合、GMOコイン側で各種審査や手続きに時間がかかっているため、連絡が来るまで待つしかありません。

どうしても待てない場合は、GMOコインに直接問い合わせて確認してみるといいでしょう。

書類に不備がある場合は、再度手続きを求められる可能性があり、その分口座開設の完了も遅くなります。

なるべく最短で口座開設が終わるよう、書類を提出する際に個人情報や本人確認書類に間違いがないかどうか、入念にチェックしておきましょう。

口座開設できない、または審査が通らない原因は?

口座開設できない、または審査が通らない場合は、口座開設をするための条件に違反している可能性があります。

違反となっている点に思い当たる節がある場合は、違反点を改善して再度申請してみてください。

また、GMOコインの審査基準を満たさなかった場合も、口座開設の審査には通りません。

お問い合わせにて確認してみるという方法もありますが、GMOでは審査の詳細を開示していないため、審査に落ちた理由が分からない場合もあります。

書類内容に不備がないにも関わらず審査に落ちた場合、有効な対策方法はないので、他の仮想通貨取引所への申込を検討してみるのも1つの方法です。

口座開設キャンペーンはありますか?

2021年8月時点において、GMOでは口座開設キャンペーンは行っていません。

ただし、以下2つの抽選キャンペーンは行っています。

  • 毎日10人に現金1,000円が当たるキャンペーン
  • 暗号資産FXで、毎日1人に10,000が当たるキャンペーン

1つめのキャンペーンでは、「販売所」または「つみたて暗号資産」で仮想通貨を1回以上購入した人のなかから、抽選で毎日10名に現金1,000円が送られます。

2つめのキャンペーンは、暗号資産FXで1日に600万円以上の新規取引を行った人のなかで、抽選で毎日1名が現金10,000円を受け取れるというもの。

どちらも実際に仮想通貨トレードを行う必要がありますが、1つめのキャンペーンなら条件はやさしめなので、チェックしてみるといいでしょう。

なお、GMOコインのキャンペーンは時期によって変わることもあるため、最新情報は公式サイトにて随時確認してみてください。

まとめ

GMOコインの口座開設は、メールアドレスやパスワードの設定から本人確認書類の提出まで、5つのステップで完了します。

口座開設をするためには運転免許証やパスポートなどが必要なので、事前に準備しておきましょう。

かんたん本人確認なら最短10分で口座開設が完了しますが、場合によっては口座を開設するのに数日ほどかかることもあります。

書類に不備などがあると再提出となり、さらに時間がかかってしまうので、個人情報や書類に間違いのないよう、入念にチェックしておいてくださいね。

要点まとめ
  • GMOコインの口座開設には運転免許証やパスワードなどの本人確認書類が必要
  • 口座開設は5つのステップで完了する
  • スムーズに口座が開設できるよう、個人情報や本人確認書類に不備のないよう注意

GMOコインの口座開設は以下のボタンより行えます。
登録の際はぜひこの記事を参考にしてくださいね!

カテゴリー:
公式LINE始めました!

仮想通貨で爆益を得るためには情報の鮮度が必須条件です!
こちらの【速報用LINE】に登録をしていただければ、完全無料で仮想通貨の情報を最速で提供します!
是非登録をして下さい。
何かわからないことなどがあれば気軽に質問をメッセージで送って下さい。
もちろん質問を送るのも完全無料です!
時間がある時に返信させて頂きます。
LINE登録はこちら→https://lin.ee/3SCGBl2

関連記事