トレードで報酬獲得!Bybit出資のDEX「Apex Pro」の利用方法

LayerZeroとは【エアドロップやタスクについても紹介】

6 min 499 views

LayerZeroは、ブロックチェーン間の相互運用を実現するために発足されたプロジェクトです。

チェーン間の展開や転送が容易にできるのが特徴で、ネット上では「近々エアドロップがあるのでは」という噂もあります。

ただ、エアドロップが期待されているとはいえ、そもそもどんなプロジェクトなのか、本当にエアドロップがもらえるのかといった点は気になりますよね。

そこで本記事ではLayerZeroの概要や、エアドロップをもらうためにこなしておくべきタスクを紹介します。

タスクをクリアしたからといってエアドロップが確約されるわけではないですが、不確定だからこそチャンスともいえるので、給付金をもらいたい人はぜひ参考にしてください。

LayerZeroでエアドロップ獲得の可能性があるタスクまとめ
  • Stargateでブリッジや流動性の提供をする
  • StragateでveSTGを入手し、投票に参加する
  • LayerZeroに関連したNFTのミントやブリッジ
  • StragateのGuildタスクを完了させておく

LayerZeroのタスクをこなすうえで使う通貨はBybitで購入できます。
まだ口座をお持ちでない方は、先に開設しておきましょう。

LayerZeroとは?

まずはLayerZeroがどういったプロジェクトなのか紹介します。

ブロックチェーンの相互運用性プロトコル

LayerZeroは、各ブロックチェーンをシームレスに接続するために開発された相互運用性プロトコルです。

現在のweb3.0や仮想通貨の世界ではさまざまなブロックチェーンがありますが、それぞれのチェーン間でトークンの転送やクロスチェーン取引をする方法には限りがあります。

そこでチェーン間のやり取りや転送を簡単に行えるよう開発されたのがLayerZeroです。

LayerZeroを利用したプロトコルとして、既にStargateというものがあります。

Stargate上では複数のブロックチェーンを介した取引やファーミング、ステーキングなどさまざまなサービスを利用可能です。

チェーン間の展開・転送・取引が簡単にできる

LayerZeroは、チェーン間の展開・転送・取引などが容易に行えます。

この相互運用性の向上を実現するために採用されているのが、エンドポイント・オラクル・リレイヤーという3つの仕組みです。

それぞれの用語を簡単に説明したものがこちらです。

  • エンドポイント:各ブロックチェーンにおける情報の送受信や検証を行う部分
  • オラクル:送信元チェーンからの情報を受け取り、送信先チェーンに伝達する
  • リレイヤー:送信元・送信先チェーン間でメッセージの送受信を行い、トランザクションを証明する

LayerZeroでは上記の仕組みを用いてデータの送受信や検証、証明などをすることにより、資産の相互運用を実現しています。

また、オフチェーンであるオラクルとリレイヤーで処理を分散させることで、セキュリティの強化にも繋がっているようです。

OFT標準というトークン規格を提供している

LayerZeroはOFT標準というトークン規格を提供しています。

OFT標準とは、LayerZeroのメッセージングインフラ上に構築されるトークン規格です。

OFT標準では資産を取引する際、まず送信元のネットワークでリクエスト量のトークンをバーン(燃焼)します。

そして送信先のネットワークで同量のトークンをミント(発行)する、Burn/Mintという方式を採用しています。

少しややこしいですが、このOFT規格のトークンを発行することにより、LayerZeroをサポートするさまざまなチェーンでのブリッジが可能になるとのことです。

LayerZeroのエアドロップ期待度は高い

続いて、LayerZeroのエアドロップの期待度はどれくらい高いのか解説します。

スナップショットやエアドロが噂されている

LayerZeroはネット上で、スナップショットやエアドロップがあるのではと噂されています。

公式がエアドロップに関する情報を発表したわけではないものの、最近の仮想通貨界隈ではArbitrumをはじめとする給付金案件が話題になったこともあり、LayerZeroの期待度も高めです。

LayerZeroに対応しているStargateの一部ページではタスクも開始されており、LayerZeroのエアドロップに備えてタスクをこなしている人も多くいます。

ただし、現時点だとLayerZeroのエアドロはあくまでも噂であり、100%確定したわけではありません

今後公式が新しい情報を開示する可能性もあるので、気になる人はリサーチしてみるといいでしょう。

約165億円の資金調達に成功しており、注目度も高め

LayerZeroは2022年3月に、複数のVCから当時レートで約165億円の資金調達に成功しています。

資金調達に参加した代表的なVCは以下の通りです。

SEQUOIA・UNISWAP Labs・coinbase Venturesなど、数々の大手VCも参加しています。

このことから、プロジェクトとしての注目度は高めです。

注目度や期待度の高いプロジェクトはエアドロップが実施される可能性も高くなるので、今後の展開にも注目しておきましょう。

LayerZeroのエアドロを狙うためのタスク

それではここから、LayerZeroのエアドロを狙うためのタスク戦略を紹介します。

なお、本記事で紹介するのは最低限クリアしておくべきとされているタスクです。

他にもエアドロップの確率を上げるためのタスクはあるので、あくまでも参考程度にしてください。

Stragateで取引(ブリッジ)を行う

LayerZeroのエアドロを狙うなら、少なくともStargateはある程度触っておくのがおすすめです。

Stargateではブリッジやファーミングなどさまざまなサービスを利用できますが、まずは代表的なサービスであるブリッジのやり方を解説します。

Stargateの画面を開いたら「Transfer」の項目を開き、画面右側にある「Connect Wallet」をクリックして自分のウォレットを接続しましょう。

LayerZeroに対応していればどのウォレットを接続しても問題ないですが、とくにこだわりがないならMetaMaskを使うのがおすすめです。

MetaMaskを接続したら交換元のトークンとチェーン、交換先のトークンとチェーンをそれぞれ設定します。

たとえばイーサリアムチェーンのETHをArbitrumチェーンのETHに移行したい場合は、以下のように設定すればOKです。

あとは下にある「Transfer」をクリックして承認すれば、ブリッジが完了します。

ちなみに、現時点でStargateが対応しているチェーンは14種類です。

エアドロップの確率を上げたいなら、できるだけ多くのチェーンでブリッジ履歴を残しておくといいでしょう。

またエアドロップが配布される条件として、ブリッジの取引回数や取引量が影響する可能性もあります。

可能であれば10,000ドル以上、10回以上など、無理のない範囲で取引回数や取引量も意識しつつタスクをこなしておくのがおすすめです。

Stragateで流動性を提供する

次に、Stargateで流動性を提供するタスクのやり方を紹介します。

先ほどの画面で、上部のメニューから「Pool」を選択してください。

「All Pools」の項目から、自分が通貨を預けたいプールを探しましょう。

プールが決まったら預け入れる通貨の数量を入力して、下にある「Add」ボタンをクリック。

ウォレットが開いたあと確定ボタンを押すと、入力した数量の通貨でプールが開始されます。

プールまで完了したら今度は上部メニューから「Farming」をクリックして、以下のファーミング画面を開いてください。

先ほど自分が通貨を預け入れたファームの画面を開いて、ファーミングしたい通貨の数量を入力します。

「Get LP Token」のボタンを押して確定すると、ファーミング完了です。

プール画面では「Remove」、ファーミング画面では「Unstake」のメニューから、預け入れた通貨の解除ができます。

StragateでveSTGを入手し、投票に参加する

Stargateで投票に参加するタスクも見ておきましょう。

STGをステーキングする

StargateではSTGトークンをStake(ステーキング)することで、veSTGという投票権のようなものを獲得可能です。

STGは複数のチェーンに対応しているStargateの独自トークンで、BybitやBinanceをはじめとする海外取引所で購入できます。

投票タスクを終わらせておきたい場合は、日本人でも使いやすいBybitの現物取引でSTGを準備しておくのがおすすめです。

STGトークンが準備できたら、先ほどの画面にある上部メニューから「Stake」を選びます。

STGを保有している場合、ステーキングできるトークンの数量が表示されるはずです。

あとはステーキングしたい通貨の数量・チェーン・期間を選んで「Create stake」を押すと、STGのステーキングが開始されます。

投票に参加する

STGのステーキング後にveSTGを入手したら、今度はStargateの投票に参加してみましょう。

投票をしたいときは、まず先ほどのStake画面でページを少し下にスクロールして「Vote on Snapchat」のボタンをクリックしてください。

そうするとStargateのDAO画面が表示されるので、ウォレットを接続して「参加する」ボタンを押します。

あとは定期的に開催される投票に参加すればOKです。

なお、投票に参加するにはveSTGを入手したあと一定期間を空ける必要があるので、すぐに投票できない場合は少し時間を置いてから再度試してみるといいでしょう。

NFTのミントやブリッジをする

エアドロップを狙うなら、LayerZeroに関連したNFTのミントやブリッジをしておくのもおすすめです。

たとえば少し前に、HolographというNFTのブリッジサイトで、LayerZeroとHolographのコラボNFTのフリーミントやブリッジができました。

上記のNFTイベントは既に終了していますが、こういったNFTのミントやブリッジは積極的に行っておくといいでしょう。

一例にはなりますが、記事執筆時点だとNFTミンティングプラットフォームのMintDAOで、LayerZero EXPEDITIONというNFTのフリーミントが可能です。

上記のようなNFTのタスクをこなしておくと、NFTの発行回数やトランザクション稼ぎにもなります。

その他、以下のようなNFTプラットフォームでもLayerZeroに関連したNFTのミントやブリッジができることもあるので、気になる人はぜひチェックしてみてください。

StragateのGuildタスクをこなす

最後に紹介するのは、StargateのGuildタスクです。

Stargateの公式サイトにある特定のタスクをクリアすることで、Discordに関連しているロールというものが取得できます。

現時点だと5つのタスクがあるので、エアドロップに備えるならできるだけ多くのタスクをこなしておくといいでしょう。

Guildタスクをこなしたい場合は、まずGuildページを開きます。

次に「Join Guild to get roles」のボタンをクリックして、MetaMaskを接続してください。

そうすると以下のように「イーサリアムウォレットに接続する」という1つめのタスクが完了した状態になります。

あとは各タスクの条件をクリアしていけばOKです。

タスクには「25veSTGの保有」「1,000ドル分のLPをファーミング」などやや条件が厳しいものもあります。

ロール取得が必ずしもエアドロップの要件になるとは限らないので、無理のない範囲でクリアしておくといいでしょう。

まとめ

LayerZeroは、ブロックチェーンの相互運用を実現するために発足されたプロジェクトです。

ネット上では「近々エアドロップがあるのでは」と噂されており、既に多くの人がエアドロップをもらうためにタスクをこなしています。

今から参加してもエアドロップをもらえる可能性はあるので、ぜひ本記事を参考にしつつ、早めに必要なタスクをクリアしておいてくださいね。

LayerZeroのエアドロップ期待値をまとめると…
  • スナップショットやエアドロが噂されており、期待度は高い
  • 約165億円の資金調達に成功していることから、プロジェクト自体も注目されている

LayerZeroのタスクをこなすうえで使う通貨は、Bybitで購入できます。
口座の開設手順は以下の記事で解説しています。

関連記事