BABトークンで報酬を得る!

ETHPoW(ETHW)とは【MetaMaskの表示方法・売却方法・将来性も解説】

7 min 86 views

ETHPoW(ETHW)は、2022年9月15日にイーサリアムが行ったマージという大型アップデートに伴い、チェーンを分岐する形で誕生したトークンです。

複数の海外取引所には既に上場もしており、多くの人から注目されています。

しかし「ETHWとはどういったトークンなのか」「いまETHWは購入するべきなのか」など、疑問を持っている人も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、ETHWの概要や売却方法、将来性などを解説します。

ETHPoWに関する内容をまとめると
  • ETHPoWはイーサリアムのアップデートによって誕生した旧チェーンのトークン
  • 新チェーンのPoS版イーサリアムはETHとして発行され、残存チェーンのPoS版イーサリアムはETHWとして発行されている
  • アップデート後、ETHWは複数の海外取引所に上場済み
  • MetaMaskや一部の取引所ではETHWのエアドロップも実施されている

ETHWは日本人に人気のBybitで売買できます。
まだ口座をお持ちでない人は以下のボタンより登録しておきましょう。

ETHPoW(ETHW)とは?

まずは、ETHPoWがどういったトークンなのか紹介します。

項目ETHPoWの詳細情報
トークン名EthereumPoW
シンボルETHW
総供給量無制限
公式サイトhttps://ethereumpow.org/

ETHPoW(ETHW)はマージによる旧チェーンのトークン

ETHPoWは、イーサリアムのマージによって誕生した旧チェーンのトークンです。

イーサリアムは2022年9月15日、ブロックチェーンのブロックを追加するときのコンセンサスアルゴリズム(合意形成)という技術を、PoW(プルーフ・オブ・ワーク)からPoS(プルーフ・オブ・ステーク)へ移行するアップデートを行いました。

この大型アップデートのことを「マージ」といいます。

マージ後はハードフォークと呼ばれるブロックチェーンの分岐が起こり、新チェーンであるPoS版のイーサリアムは「ETH」として通貨を発行することになりました。

一方、以前からのチェーンを残存する形になったPoW版のイーサリアムで新しく発行されているのが、今回紹介する「ETHPoW(ETHW)」というトークンです。

ETHPoWは、これまでPoWチェーンでマイニングを行っていたマイナーたちを中心に、PoWの維持を目的として生まれた通貨だとされています。

なお、PoWとPoSの違いやマージの詳細については以下の記事で解説しているので、気になる人はこちらもぜひチェックしてみてください。

マージの前後に複数の取引所に上場している

ETHWトークンはイーサリアムのマージが行われる前後に、複数の取引所で上場しています。

海外の大手取引所であるPoloniex(ポロニエックス)は、ハードフォークによってイーサリアムチェーンが分岐することを想定し、2022年8月8日にETHWのIOU(借用証書)取引を開始しました。

また、マージ後にはBybitOKXFTXなど複数の海外取引所にも、現物取引ペアとしてETHWが上場しています。

世界最大手のBinance(バイナンス)も、何らかの形でETHPoWへの対応を検討することを表明していますが、現時点ではETHWの上場はしていないようです。

多数の取引所でエアドロップも行われている

イーサリアムはマージによるチェーンの分岐に伴い、多数の取引所でETHWのエアドロップも行っています。

先述したBybit・FTX・OKXといった取引所では、2022年15日の夕方から16日にかけて、ETHを保有するユーザーに対しETHと同数のETHWのエアドロップを実施したようです。

外部ウォレットとして多くの人が使っているMetaMaskでも、同様にエアドロップが配布されています。

また、国内取引所でも各社の公式サイトで、ETHWの対応をどうするかという情報が公開されました

たとえばFTX Japanフォビジャパンでは、イーサリアムがアップグレードに成功してフォークが起きた場合、ETHWトークンへの対応を検討すると発表しています。

その他の取引所に関しては現時点では未定、もしくは今後の状況を見ながら判断する方針のところが多いようです。

各取引所の公式サイトで、マージやエアドロップに関する対応情報が公開されているので、気になる人はそちらも確認してみるといいでしょう。

MetaMaskにETHPoW(ETHW)を表示する方法

次に、エアドロップとしてMetaMaskで受け取ったETHWトークンを表示する方法を紹介します。

エアドロップの対象になっている人には自動でトークンが付与されているはずなので、ネットワークの設定を変えればトークンの保有枚数を確認可能です。

まずはMetaMaskにログインして、画面右上あたりにある「〇〇メインネット」と表示されているボタンを押してください。

そうすると以下のように「ネットワークを追加」という項目が表示されるのでクリックします。

以下の画面が表示されたら、それぞれの項目を設定しましょう。

各項目は、下記の通りに設定すればOKです。

すべて入力したら、下にある「保存」ボタンを押します。

「保存」ボタンをクリックしたあとトップページに戻り、以下のようにネットワークの表示が「ETHW-mainnet」に変わっていれば、ネットワークの変更は完了です。

ETHWのエアドロップが付与されている場合、画面中央の「ETHW」の箇所に保有しているETHWトークンの枚数が表示されます。

ETHPoW(ETHW)を売却して利確する方法

続いて、MetaMaskで保有しているETHWトークンを売却する方法も見ていきましょう。

基本的にはETHWを扱っている取引所に保有しているトークンを送金し、そこの現物取引で売却すればOKです。

ETHWを扱っている取引所は複数ありますが、今回は日本人ユーザーの多いBybitに送金して売却する流れを紹介します。

BybitでETHWの入金用アドレスをコピー

Bybitにログインしたらまず、画面右上の項目にある「資産」のメニューから「現物」の項目を選びます。

次に検索項目で「ETHW」と入力し、以下のようにETHWの通貨画面を表示させてください。

画面右側にある「入金」のボタンを押すと、次のようにETHWの入金用アドレスが表示されるはずです。

チェーンタイプがETHWになっていることを確認して、アドレスをコピーします。

MetaMaskでETHWの送金先アドレスを追加

Bybit側の入金アドレスをコピーできたらMetaMaskにログインして、ETHWトークンの項目をクリックしましょう。

そうすると次の画面が表示されるはずなので、中央あたりにある「送金」ボタンを押します。

以下の画面に移ったら「送金先」の下にある検索項目に、先ほどコピーしたBybit側の入金アドレスを入力してください。

次のような画面になったら、まず「新しいアドレスが検出されました~」という項目をクリックして、アドレスの追加を承認します。

ニックネームを追加する画面が表示されるので、名前は「Bybit」に設定し、その他の必要事項があればメモ欄に記入しましょう。

なお、送金先のアドレスを間違えると資産を失ってしまう可能性があるため、くれぐれもアドレスの入力ミスはしないよう注意してくださいね。

ETHWの数量を入力して送金

次に「アセット」の項目で保有しているETHWを確認したあと、下にある「金額」の欄で送金したいETHWの数量を入力します。

上記の画面では「ガス代が足りません」とありますが、一定枚数のETHWを保有している場合はこの表示はなく、下に「Transaction Fee」というガス代(手数料)の項目も表示されるはずです。

送金にはガス代も必要なため、いくらぶんのガス代を支払うか選びましょう。

金額とガス代を設定したら、画面下部にある「次へ」をクリック。

最後に送金するETHWの数量やガス代が表示されるので、問題なければ「確認」ボタンを押します。

これでMetaMaskからBybitにETHWを送る作業は完了です。

Bybitの現物取引でETHWを売却

送金作業をしてしばらくすると、Bybit側の現物ウォレットにETHWトークンが入金されます。

入金が確認できたら、Bybitの画面上部にある「現物」メニューから「ETHW/USDT」のペアを探してクリックしましょう。

そうすると現物取引の画面が開くので、右側にある項目を「売り」の表示に切り替えます。

あとは通常通り、注文方法や売却したいETHWの数量を設定してください。

すべて設定したら下にある「ETHWを売る」のボタンを押して、ETHWの売却は完了です。

ちなみにBybitではETHWの売却だけでなく、購入もできます。

現状Bybitは、すべての現物取引ペアで取引手数料が無料になるキャンペーンも開催中です。

より多くの利益を得たい人は、この機会にETHWの現物取引での売買も検討してみるといいですよ。

Bybitは以下のボタンより登録できます。
3分ほどで完了しますので、今のうちに開設しておきましょう。

マージ後のETHPoW(ETHW)のマイニングはどうなる?

イーサリアムは今回のマージでPoWからPoSへ移行したことにより、新チェーンのPoSでは膨大な計算を行うマイニング作業が必要なくなりました。

このアップデートにより、これまでマイナーとして活動していた人たちはイーサリアムでのマイニングを終了するか、もしくはPoWチェーンでマイニングを続けるかのどちらかを選択することになります。

ETHPoWが公開しているマイニングプールリストによると、F2Pool・2Miners・NanoPoolなど、複数のマイニングプールがETHPoWへの移行を表明しているようです。

また一部では、2016年にイーサリアムから分岐したETCへと移行し、マイニングを続けているマイナーもいます。

マージ後、一時的にETCのハッシュレート(マイニングの計算速度)が6倍になったという情報もありました。

ただし、マージが完了して数日経ったあたりからETHWのマイニング効率は悪くなり、ETHWのマイナーは徹底している人も出ているようです。

Twitterでは、上記のようなマイニング効率やハッシュレートの低下を見て、マイナスイメージを持っている人も多数見受けられました。

現時点ではマイニング報酬が減って撤退している人も多いようですが、これからの動向に注目しておきたいですね。

ETHPoW(ETHW)の将来性は?

ETHPoWの将来性については、どちらかというとネガティブなイメージを持っている人が多い傾向にあるようです。

というのも、マージによってアップデートされたPoS版のイーサリアムについては、エネルギー消費量の削減や供給量の減少など、プラスに働く要素が多いと見られています。

しかし、PoW版のイーサリアムはあくまでもフォークによって残存したトークンというイメージが強く、以前から不安視されていた環境への影響や不正問題なども解決していません。

マイニングを継続する一部のマイナーからは支持されているものの、それ以外の人からはあまり将来性を期待されていない状態です。

SNS上でもETHWに関しては、マイナスな意見が目立っています。

ただし、今後PoS版イーサリアムのほうで何か問題が起きれば、PoW版イーサリアムが再度注目を集める可能性はあるでしょう。

また確定ではありませんが、大手取引所のBinanceがETHWをサポートするという情報もあります。

そういったポジティブなニュースがあれば、ETHWの今後の展望も変わるかもしれません。

いずれにせよ、今すぐにETHWの価値や将来性を判断するのは難しい状況なので、今後の展開に注目しておきましょう。

ETHW(ETHW)の価格推移

最後に、ETHWトークンの価格推移を紹介します。

こちらは2022年9月1日~2022年9月25日にかけてのETHWの価格です。

マージ直前から直後あたりは、一時7,000円前後まで価格が上昇しました。

イーサリアムのアップデートを見越した期待上げにより、価格が高騰したと推測されています。

しかし、マージ後は事前にロングポジションでエントリーしていた多くの人たちが利確する、事実売りのような形で価格は大きく下落。

そのあと、脆弱性のあるネットワークに不正ログインして資産を盗む「リプレイ攻撃」を受けたことや、仮想通貨全体の価格低迷なども要因になり、さらに価格は下がっています。

現時点(2022年9月25日)におけるETHWの価格は、2022年9月前半に記録した8,000円のおよそ6分の1である、1,300円付近を推移している状況です。

なお、ETHWはまだ価格が安定しておらず、1日で価格が50%以上変動することも度々起きています。

場合によっては大きな損失が出る可能性もあるので、もしETHWの取引をする際は資金管理を徹底したうえで、売買するタイミングを慎重に見極める必要がありそうです。

まとめ

ETHPoWは、イーサリアムのマージによって誕生したトークンです。

新チェーンであるPoS版のイーサリアムはETHとして発行され、旧チェーンを残存する形になったPoW版のイーサリアムはETHWとして扱われます。

現状だとETHPoWの将来性に期待している人は少ないようですが、今後の展開によってはETHWの価格が高騰する可能性もあるでしょう。

なお、MetaMaskのエアドロップで配布されたETHWトークンは、海外取引所のBybitで売買できます。

いつでもETHWの取引ができるよう、Bybitやその他の取引所の口座開設も早めに済ませておくといいですよ。

ETHWを売却する方法まとめ
  • Bybitで入金用アドレスをコピーする
  • MetaMaskでETHWの送金先ネットワークを追加
  • 送りたいETHWの金額を入力して送金
  • Bybitで入金が確認できたら現物取引で売却

Bybitの登録に関して不明点や疑問点があれば、以下の記事を参考にしてください。
どこよりも丁寧に解説しています。

関連記事