爆益情報配信中!!!速報LINEの登録はコチラ

PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?特徴や機能を徹底解説!

8 min 27 views

UniswapやSushiswapなどと同じく、DEX(分散型取引所)の1つとして多くの人が使っているPancakeSwap。

他のDEXに比べると、処理速度や手数料の安さで優れていることでも知られています。

しかし、DEXに詳しくない人からすると、PancakeSwapには具体的にどんな使い方があるのかいまいち分かりづらいですよね。

そこで本記事では、PancakeSwapの特徴と利用できる機能の一覧を紹介します。

PancakeSwapの機能一覧まとめ
  • Trade:基本的な通貨の交換やLPトークンの入手ができる
  • Earn:LPトークンを預け入れると独自トークンのCAKEが獲得できる
  • Win:バイナリーオプションや宝くじに参加可能
  • NFT:NFTの売買ができる
  • Info:1日の出来高や各通貨の価格推移をチェックできる
  • IFO:PancakeSwapで開催されるIFOに参加できる
  • Voting:不定期で開催される投票イベント

これからPancakeSwapを使おうと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)の概要

それではまず、PancakeSwapの特徴について解説します。

BSC(バイナンススマートチェーン)を採用している

PancakeSwapは、BSCというものを基盤にして構築されているのが特徴です。

通常、DEXはそれぞれに基盤としているブロックチェーンがあります。

UniswapやSushiswapなどをはじめ、他のDEXだとイーサリアム系のブロックチェーンを採用していることが多いです。

一方、BSCを基盤にしているPancakeSwapは、イーサリアムブロックチェーン系のDEXに比べると、取引時の処理速度を高速化できます。

BSCを採用している取引所は少ないので、PancakeSwapはDEXのなかだと珍しい位置付けにあるといえるでしょう。

手数料が安い

取引時の手数料が安いのも、PancakeSwapの特徴です。

DEXで仮想通貨の取引をする際は、ガス代と呼ばれる手数料が発生します。

頻繁にDEXを利用するなら、ガス代はできるだけ安く抑えたいですよね。

先ほど紹介したイーサリアムブロックチェーン系のDEXは、仮想通貨ブームなどにより、近年ガス代の高騰が起こっています。

場合によっては、取引する通貨の価格よりもガス代のほうが高くなることもあり、頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。

その点、PancakeSwapはイーサリアムブロックチェーン系のDEXに比べると手数料が安いので、小額の取引でも損をしづらいのが利点です。

たとえば、Uniswapでは一度の取引で数百円~数千円のガス代がかかってしまいますが、PancakeSwapでは数十円程度の手数料で済むこともあります。

通貨の種類やタイミングによってガス代が変動することもありますが、他のDEXに比べると手数料が安いのは、PancakeSwapならではのメリットです。

通貨を預け入れると独自トークンのCAKEがもらえる

PancakeSwapでは、通貨を預け入れるステーキングというサービスを利用すると、独自トークンのCAKEがもらえます。

預け入れる通貨により利率やリスクは異なりますが、普段取引していない通貨をロックするだけで利息がもらえるので、いわば不労所得に近い形で稼ぐことが可能です。

とくに、価格の変動が大きい通貨は利率が高い傾向にあり、なかには年利100%を超えるものも。

価格変動のリスクが少ない通貨でも、年利70%を超えている場合も多いので、仮想通貨での資金運用にはうってつけのサービスだといえるでしょう。

ステーキングできる仮想通貨は100種類以上あるため、一部の通貨だけをPancakeSwapでステーキングしておき、他の通貨はトレードに使うといった方法もあります。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)の機能

それではここから、PancakeSwapで利用できる具体的な機能をそれぞれ紹介していきます。

Trade

Tradeは仮想通貨を交換する機能のことで、PancakeSwapのなかでも代表的な機能の1つです。

Exchange

Exchangeは「スワップ」とも呼ばれ、特定の仮想通貨を別の仮想通貨に交換する基本的な機能です。

たとえば画像のように、自分が保有しているUSDTをCAKEに交換できます。

PancakeSwapでは最初に他の取引所からBNBを送るのが一般的なので、入金したBNBをより稼ぎやすい通貨に交換し、ステーキングするなどの方法も可能です。

ちなみに、スワップする際にスリッページが原因でエラーとなり、交換できないことがあります。

スリッページとは、注文した価格と実際に約定した価格の差のことです。

このスリッページの許容範囲が狭すぎると、トークンの流動性が低すぎてエラーになってしまいます。

何度か注文してもエラーになるときは、スリッページの数値を変更しなければなりません。

具体的な対策としては、まずスワップ画面の右上にある歯車のマークを押して、以下の設定画面を表示します。

次に「Slippage Tolerance」という項目の数値を変更してみてください。

通常は0.5%になっているので、1%ずつ上げるなど徐々に数値を上げてみます。

通貨によって適切なスリッページは異なりますが、数値を上げるほど処理ができる可能性が高くなり、取引可能になるはずです。

また、このとき交換する通貨に応じて一定のガス代が発生するので、取引の際はガス代も含めた金額を用意しておきましょう。

Liquidity

Liquidityでは、PancakeSwapに流動性を提供する対価として、LPトークンというものを受け取れます。

LPトークンは正式名称を「Liquidity Provider(流動性提供者)」といい、提供した通貨を回収するために必要な証明書のようなものです。

LPトークンは従来の仮想通貨のように通貨自体に価値があるわけではなく、主にDEX内の通貨として使われます。

PancakeSwapの場合、仮想通貨のペアを預け入れることで一定額のLPトークンを受け取れる仕組みです。

まずはTradeの項目からLiquidityのボタンを押し、以下の画面を表示します。

最初は通貨ペアがなにも表示されていない状態なので、「Add Liquidity」を押して通貨を選択しましょう。

仮にUSDTとCAKEのペアを預けるとしたら、以下のような画面になります。

ほとんどの通貨は検索すると出てきますが、もし検索しても目的の通貨が表示されない場合は、CoinMarketCapなどで調べられるContract Addressを入れてみてください。

預け入れる通貨ペアを決めたらそれぞれのウォレット内残高が表示されますが、このときに2つの通貨が同じ価格になっていなければ預けられません。

そのため、どちらか一方の通貨の価格を入力すると、もう一方の通貨は自動で価格が入力されます。

なお、はじめて通貨を預け入れるときは承認作業が必要です。

通貨ペアを選択して承認作業が終わると、LPトークンを獲得できます。

Earn

続いて、Earnという機能について紹介します。

Farms

Farmsでは、保有している仮想通貨を預け入れることでCAKEトークンを獲得できる、ファーミングというサービスを利用できます。

先述したLiquidityで入手したLPトークンを預け入れると、新しくCAKEトークンが受け取れる仕組みです。

まずはPancakeSwapのトップページにあるEarnの項目から「Farms」を選択しましょう。

すると、以下のように通貨ペアの一覧が表示されます。

このなかから、自分が預け入れた通貨ペアの項目(CAKE-BNBなど)を選択して「Stake LP」のボタンを押し、預け入れるLPの数量を入力しましょう。

「Stake LP」ボタンが表示されない場合は「Approve Contract」というボタンをクリックして、Metamaskの承認を行ってみてください。

LPトークンの数量を決めて「Confirm」ボタンを押し、metamaskで手数料を支払えば、預け入れの作業は完了です。

ここまでの作業が終わると、あとは時間の経過と共にCAKEトークンが報酬として貯まっていきます。

溜まったCAKEトークンは、以下の画面にある「Hervest」ボタンを押すといつでも回収可能です。

獲得したCAKEは、スワップで別の通貨に変えることもできますし、後述するPoolsでさらにCAKEを増やすこともできます。

Pools

Poolsは、Farmsで獲得したCAKEトークンを流動性プールに預け入れてさらに資産を増やせる、いわば複利運用のようなサービスです。

Earnの項目から「Pools」を選択すると、以下の画面が表示されます。

利用できるプールはさまざまなものがありますが、自分の好きなプールを選択可能です。

預け入れるプールが決まったら「Enable」ボタンをクリックして手数料を確認し、プールを有効化します。

次に「Stake」ボタンをクリックして、預け入れるCAKEの数量を入力してください。

価格が入力できたら「Confirm」を押して、手数料を確認したあとに確認ボタンをクリックすると、CAKEの預け入れは完了です。

あとは自動的にCAKEが溜まっていき、溜まったCAKEは「Harvest」ボタンをクリックすれば収穫できます。

Win

続いて、Winという機能について紹介します。

Winで利用できるサービスは、PredictionとLotteryの2つです。

Prediction(BETA)

Predictionは簡単に説明すると、PancakeSwap版のバイナリーオプションです。

5分後にBNBの価格が上がるか下がるかを予想して、予想が当たると掛け金をもらえます。

基本的には、参加者全員がお金を出し合い、当たった人が外れた人の掛け金をもらえるという仕組みです。

分かりやすい例だと、上げ予想と下げ予想の割合が半々だった場合、当たった人は掛け金のおよそ2倍の金額をもらえます。

画面はLIVE・NEXT・EXPIREDの3つのフェーズに分かれていて、それぞれの概要は以下の通りです。

  • LIVE:現在進行中のラウンド
  • NEXT:次に開催されるラウンド
  • EXPIRED:終了しているラウンド

ユーザーは、1つ前のLIVEフェーズにより設定されたLOCKED PRICEを元に、次のNEXTフェーズで価格が上がるか下がるかを予想します。

たとえば以下の画面だと、LIVEフェーズ終了時に決まるLOCKED PRICEを確認しながら、NEXTフェーズでUPかDOWNかを当てるという流れです。

実際に予想するときは「Enter UP」か「Enter DOWN」のボタンを押して、掛けるBNBの金額を入力すれば次のフェーズに参加できます。

フェーズ画面の上下を見れば、掛け金の倍率も確認可能です。

Lottery

Lotteryは、1枚1CAKEで参加できる宝くじです。

1度に購入できるチケットは50枚までと決められていますが、それ以外に枚数の制限はありません。

チケットの購入者には、6桁の数字がランダムで割り当てられます。

そして購入したチケット番号と当選番号が一致していれば当選となり、賞金を獲得できる仕組みです。

すべての番号が一致していなくても、当選番号と同じ順序で1つでも数字が一致していれば、一定額の賞金を獲得できます。

賞金の総額は参加者全員が支払った金額によって決まり、分配の割り当ては以下の通りです。

全体のうち20%はバーンされますが、バーンされた資金は別途4日ごとに分配資金として使われるため、損をするわけではありません。

宝くじ自体は1日2回・12時間ごとに行われるので、興味のある人はぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

NFT

PancakeSwapでは、NFTの売買も行えます。

NFTは「Non Fungible Token」の略称で、簡単にいうとブロックチェーンを基盤にした、偽造や複製ができないデジタル資産のことです。

最近だとNFTはカードゲームやスポーツなど幅広い分野で活用されていますが、PancakeSwapでは主にキャラクターやデジタルアートの売買ができます。

PancakeSwapのトップページにあるNFTの項目から「Overview」のボタンをクリックすると、以下のようにNFTマーケットの一覧を表示可能です。

たとえば「Pancake Bunnies」というコレクション画面を開くと、取引されているNFTの一覧が表示されます。

気になるNFTをクリックすると以下のような画面に移り、「Buy」のボタンを押すと実際にNFTを購入可能。

逆に購入したNFTを売却したいときは、同じNFTを選んで「Sell」をクリックすると売却できます。

なお、取引に使う通貨は主にBNBですが、販売価格とは別に手数料も必要なので、購入する際は手数料も含めた総額を確認しておくといいでしょう。

Info

Infoでは、分析機能を元にしたPancakeSwap内の個別トークン、またはペアの流動性を確認できます

その他、以下のような指標もチェック可能です。

  • 1日の出来高
  • 各通貨の価格推移
  • 通貨ペアのプール手数料収入

PancakeSwapを使う際、トークンの価格や取引高ランキングを見るときに便利なので、ぜひ活用してみてください。

IFO

IFOとは、PancakeSwapで新たに上場するトークンを事前に購入できるイベントです。

パンケーキスワップのIFOでは、CAKE-BNBのLPトークンを使って新規トークンを入手します。

具体的なIFOの参加方法は以下の通りです。

まずはプロフィールを作成し、IFO用CAKE-BNBプールにLPトークンを預けると、各プロジェクトで発行される新規トークンを獲得できます。

また、PancakeSwapのIFOには基本販売と無制限販売の2枠あるのも特徴です。

基本販売では預け入れるトークンの数量に上限がありますが、参加手数料はかかりません。

無制限販売はトークンの数量に上限がない反面、一定の手数料が必要です。

ちなみに、PancakeSwapのIFOは時間制限があり1時間しか開催されないので、時間確認は忘れずに行いましょう。

Voting

Votingは不定期で開催される、PancakeSwapの投票イベントです。

投票には各提案主によって投稿されるCoreとコミュニティの2パターンがあります。

投票期間は提案によって異なり、提案がアクティブの状態になっていれば投票可能です。

投票権は、提案ごとに設定されているスナップショットの時点で、以下3つの条件のCAKE保有量に基づいて与えられます。

  • ウォレットにCAKEを保有している
  • poolsにCAKEをステーキングしている
  • FarmsにLPトークン(CAKE-BNB)を保有・ステーキングしている

提案の内容はそれぞれで異なるので、気になる人は過去の投票内容なども確認してみるといいでしょう。

PancakeSwapで使うCAKEやBNBを購入するならバイナンスがおすすめです。
口座開設は以下のボタンより無料で行えます。

まとめ

PancakeSwapでは基本的なスワップ機能の他、ステーキングやファーミングといったさまざまな機能が使えます。

また、DEX版のバイナリーオプションや宝くじ、IFOなどにも参加可能です。

DEXの初心者はスワップ機能から使ってみるのがおすすめですが、慣れてきたらぜひ他の機能も利用するといいでしょう。

PancakeSwapの特徴まとめ
  • ブロックチェーンにBSCを採用している
  • イーサリアムブロックチェーン系のDEXに比べると手数料が安い
  • ステーキングやファーミングをすると独自トークンのCAKEがもらえる
  • 通貨交換の他、宝くじやNFTの売買も行える

PancakeSwapに必要なCAKEやBNBはバイナンスで購入可能です。
まだ口座をお持ちでない方は以下の記事を参考にしてくださいね。

カテゴリー:
公式LINE始めました!

仮想通貨で爆益を得るためには情報の鮮度が必須条件です!
こちらの【速報用LINE】に登録をしていただければ、完全無料で仮想通貨の情報を最速で提供します!
是非登録をして下さい。
何かわからないことなどがあれば気軽に質問をメッセージで送って下さい。
もちろん質問を送るのも完全無料です!
時間がある時に返信させて頂きます。
LINE登録はこちら→https://lin.ee/3SCGBl2

関連記事