BABトークンで報酬を得る!

Zaif(ザイフ)の登録方法・口座開設の手順

7 min 32 views

日本にある取引所のなかでも、珍しい仮想通貨を豊富に扱っていることで注目されているZaif(ザイフ)。

定期的にお得なキャンペーンを開催しているので、口座を開設しようと考えている人も多いでしょう。

しかし、いざ登録するとなると手順や必要な書類などがわからず、口座開設に踏み切れない人もいるはず。

そこで本記事では、Zaifの登録に必要な事前準備や具体的な口座開設方法を、画像を使いながら解説します。

なお、この記事は2022年8月24日時点での情報です。

Zaifの登録方法をまとめると…
  • STEP1:メールアドレスとパスワードの設定
  • STEP2:基本情報の入力
  • STEP3:本人確認書類を提出
  • STEP4:2段階認証を設定

よくある質問にも答えているので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

Zaif(ザイフ)の登録前に準備しておくもの

Zaifで口座を開設する際は、本人確認をするための書類が必要です。

Zaifの本人確認は、オンラインで手続きをする方法と郵送で手続きをする方法の2通りがあり、それぞれで必要な書類の種類が異なります。

オンラインで本人確認を行う場合、以下3つのうちより1点の書類が必要です。

  • 運転免許証(記載がない場合でも裏面の写真も必要)
  • マイナンバーカード(裏面は不要)
  • 在留カード(記載がない場合でも裏面の写真も必要)

郵送で本人確認をする場合は、A群・B群・C群に分類された書類のなかより、2点の書類を提出する必要があります。

それぞれの分類事項は以下の通りです。

  • A群:顔写真つきの公的証明書
  • B群:顔写真の無い公的証明書
  • C群:その他の本人確認書類

なお、C群同士の組み合わせは本人確認書類として認められていません。

A~C群に組み分けされている書類の詳細は公式サイトに記載されているので、そちらも参考にしてみてください。

ちなみに、郵送で本人確認をする場合は手動での本人確認書類のアップロードや郵送物の受け取りが必要なことに加え、手続きが終わるまでに数日~数週間かかります。

一方、オンラインで本人確認をする場合はスマホで簡単に手続きができ、承認までの時間も早いです。

そのため、特別な理由がない限りはオンラインでの本人確認で手続きすることをおすすめします。

Zaif(ザイフ)の登録方法・口座開設完了までの流れ【画像付き】

それでは、実際にZaifで口座開設をする方法を見ていきましょう。

  1. STEP

    メールアドレスとパスワードを設定する

    まずはZaifの公式サイトを開いて、画面右上にある「無料会員登録」もしくは、画面右下に表示されている「会員登録はこちら」というボタンをクリックしてください。

    そうすると次の画面になるので、登録前に「取引開始基準」の項目を開き、自分が口座開設をしても問題ないかどうか、利用規約や条件も確認しておきましょう。

    規約や条件に問題がなければ、メールアドレスの欄に登録用のメールアドレスを入力します。

    メールアドレスを入力したら「登録」ボタンをクリック。

    そうするとZaifから以下のようなメールが届くので、記載されているURLを開きます。

    なお、URLの有効期限は24時間なので、期限が切れるまえに早めに手続きを進めましょう。

    URLをクリックして以下の画面に切り替わったら、まず「利用規約」と「かんたん売買及びOrderbook tradingに関するご説明」の画面を開き、それぞれ確認します。

    一度画面を開かないと下にある同意項目のチェックマークを押せないので、必ず確認する必要があります。

    確認したうえで問題なければ、両方の同意項目にチェックマークを入れましょう。

    続いて「パスワード」の欄に、任意のパスワードを入力します。

    下にある表示でパスワードの強度が51%以上になるよう、英数字を組み合わせたパスワードを設定してください。

    なお、パスワードが強力なほど不正アクセスや情報漏洩のリスクが少なくなるので、できるだけパスワードの強度が高くなるよう設定しておくのがおすすめです。

    パスワードを入力したら「同意して登録」のボタンをクリック。

    ここまでの作業で、メールアドレスとパスワードの設定は完了です。

  2. STEP

    基本情報の入力

    次に、基本情報を入力します。

    メールアドレスとパスワードを登録すると以下の画面に切り替わるはずなので、住んでいる国・住所・名前・電話番号などを順番に入力していきましょう。

    以下のように職業や年収、口座開設をする目的や投資経験などもすべて入力します。

    このとき、適当なことを入力したことがあとで判明すると口座開設の審査に落ちてしまうことがあるので、嘘のない正しい情報を記載するよう注意してください。

    画面を下にスクロールしていくと、以下のように米国市民や外国PEPsに該当するかどうかの質問もあります。

    日本在住者であり、なおかつ米国市民や反社会的勢力に該当していない場合、基本的にはすべて「はい」を選択すればOKです。

    TwitterのIDとZaifの口座を連携させたい場合は、このページで手続きもできます。

    すべて入力したら下にある「登録」ボタンを押して、基本情報の登録は完了です。

  3. STEP

    本人確認書類の提出

    基本情報が登録できたら、次に本人確認を行いましょう。

    Zaifではオンラインで本人確認をする方法と、郵送で本人確認をする方法がありますが、ここではより簡単に手続きが終わるオンラインでの本人確認方法を紹介します。

    先ほどのページで基本情報の登録後、以下の画面が開いているはずなので、まずは本人確認の流れや必要な書類を確認しましょう。

    やり方や書類が確認できたらページを下にスクロールして、画面下部にある「本人手続きを開始」のボタンをクリックしてください。

    そうすると、以下の画面に切り替わります。

    オンラインで本人確認をする場合は、画面に表示されているQRコードをスマホで読み取り、本人確認のページを開きましょう。

    ちなみに、郵送確認をする場合は下にある「郵送確認へ」のボタンを押して、郵送確認専用ページで別途手続きが必要です。

    スマホでQRコードを読み取ると、次のようにオンライン用の本人確認ページが表示されるので、まずは提出する書類を選択します。

    書類を選択したら「オンラインで本人確認をする」のボタンをタップ。

    今回は参考までに、運転免許証を提出して本人確認をするやり方で進めます。

    本人確認のボタンを押すと準備や注意事項が表示されるので、順番に確認しながら右にスクロールし、次の画面で「開始」ボタンをタップします。

    以下の画面で「続ける」のボタンを押すと、カメラへのアクセスを求めるメッセージが表示されるので、問題なければ「許可」をタップしてください。

    あとは画面の案内に従いながら、提出書類を撮影しましょう。

    撮影した書類を確認し、問題なければ「使用する」のボタンを押して、書類の提出は完了です。

    オンラインでの撮影が完了すると、Zaifのアカウントページが以下のような承認待ちの状態となります。

    審査終了の通知が届き、アカウントページが次の画面になっていたら、本人確認も完了です。

    ここまでの手続きが終わると、実際にZaifで暗号資産の取引や入出金が可能になります。

  4. STEP

    2段階認証を設定する

    口座開設の手続きが終わったら、2段階認証も済ませておくのがおすすめです。

    2段階認証とは、メールアドレスとパスワードに加え、ユーザーのスマホでしか閲覧できない第2のパスワードを使い、ログインや各種サービスを利用する認証方法のこと。

    認証を2段階に設定することでよりセキュリティを強化し、スマホの盗難などに遭わない限り不正アクセスを防止できます。

    本人確認が完了していない段階でも2段階認証は設定できるので、早いうちに済ませておくといいでしょう。

    2段階認証をする際は、まずZaifにログインしてページ上部のメニューから「アカウント」の項目をクリックします。

    以下の画面が開いたら、セキュリティ項目の「2段階認証」の右側にある「未設定」のボタンをクリック。

    次の画面が表示されるのでガイドを読み「2段階認証の設定を開始」というボタンを押します。

    以下の画面になったら、まずはスマホで「Google Authenticator」という2段階認証のアプリを開いてください。

    アプリを持っていない場合は、上記の画面から直接アプリのページに飛べるので、ダウンロードしておきましょう。

    Google Authenticatorアプリを開いたあと、以下のようにZaif側の画面で表示されているQRコードを読み込む、もしくはURIコードをコピーしてアプリ側に入力します。

    最後に、アプリ側で表示されるようになった6桁の数字をコピーし、Zaif側の画面に貼りつけて「確認」ボタンを押しましょう。

    これで2段階認証も設定も完了しました。

登録漏れやミスがないように、上記の項目を一つ一つ確認しながら進めてくださいね。

Zaif(ザイフ)の登録に関するよくある質問

ここからは、Zaifの口座開設に関するよくある質問をQ&A形式で紹介します。

口座開設の条件はありますか?

Zaifでは口座開設をするにあたり、以下のような条件が定められています。

  • 年齢が満18歳以上、80歳未満であること
  • EEA圏内、米国、その他Zaifが定める国に住んでいないこと
  • 米国市民(米国籍保有者・米国永住権保有者等)に該当しないこと
  • 他者と共有していない、自身のメールアドレスを持っていること
  • 2段階認証、セルフィー撮影・提出の対応が可能なこと
  • 当社からメールおよび電話で連絡をとれること
  • 自らが反社会的勢力でないことを誓約し、反社会的勢力についてZaifが定める点を表明し、保証すること
  • ユーザー自身、並びにその配偶者及び一親等以内の親族がいずれも反社会的勢力でないこと
  • 反社会的勢力と直接又は間接を問わず交流、資金・便宜の提供、取引その他の関係を有していないこと

その他、暗号資産取引におけるリスクについて十分に理解していることや、Zaifが定める基準に該当する行政処分を過去にされていないことなど、いくつかの条件があります。

より詳しい条件は公式サイトにも記載されているので、利用前にチェックしておくといいですよ。

なお、Zaifでは登録自体に料金はかからず、口座の維持費も無料です。

登録完了までどのくらいの時間がかかりますか?

Zaifで登録完了までにかかる時間は、最短だと当日、通常だと2~3日程度が目安です。

ただし、本人確認の手続きをしたのが営業時間外だったり、口座開設の申請者が殺到していたりすると、数日から数週間かかることもあります。

Zaifはスマホアプリでも登録できますか?

Zaifはスマホアプリでも登録できます

登録方法や提出書類の種類などは、パソコンで手続くする場合とほとんど同じです。

KYC(本人確認手続き)は必須ですか?

Zaifで実際に取引や入出金をするには、原則としてKYC(本人確認手続き)は必須です。

本人確認をしないとほとんどのサービスを利用できないので、早めに手続きを済ませておくといいでしょう。

口座開設キャンペーンやボーナスはありますか?

Zaifは記事執筆時点だと、口座開設キャンペーンは行っていません

ただ、期間限定で以下のようなキャンペーンを実施中です。

  • CICC・FSCCを5,000円分以上積立した人全員に、1,000円相当分のCICCおてがるトレードをプレゼント(2022年8月15日~2022年9月14日)
  • 1,000DOT以上の取引をした人のなかから抽選で20名に、1000円相当分のDOTおてがるトレードをプレゼント(2022年8月8日~2022年8月31日)
  • 期間中に自動売買おてがるトレードで5,000円以上の設定や、トレード実績の画像つきツイートなど3つの条件をクリアすると、1,000円相当分のCICCがもらえる(2022年7月27日~2022年8月31日)

※自動売買おてがるトレードとは…
事前に設定した値(パーセント)を基に、基準値より価格が下落したら購入し、設定したパーセント以上に価格が上昇したら売却を自動で繰り返し行うサービスのこと

また、Zaifは過去に口座開設キャンペーンを行っていたこともあるので、今後同じようなイベントやキャンペーンを実施する可能性もあります。

なお、キャンペーン内容は時期によって変わるため、最新情報は公式サイトで確認してみてください。

口座開設できない、または審査に落ちる原因は?

Zaifで口座開設の申請をすると、審査に落ちてしまうことがあります。

審査に落ちるもっとも多い原因は、登録情報や本人確認書類の不備です。

たとえば基本情報として入力した名前や生年月日が間違っていたり、基本情報の住所と本人確認に記載されている住所が違っていたりすれば、訂正や再申請が必要になります。

また、本人確認書類の写りが不鮮明だったときや、撮影する書類のページが間違っている場合も、審査には通りません。

上記のようなケースだと、正しい情報や書類を再度提出すれば、問題なく審査には通るでしょう。

その他、まれに資産や収入の少なさが原因で審査に通らないこともあります

年収や金融資産が理由で口座開設ができない場合、明確な審査落ちの理由は開示されないことがほとんどです。

そのため、貯金を増やす、もしくは収入を増やして再度申請するしかないでしょう。

それでも審査に通らない場合はすぐに口座開設をするのは難しいので、ひとまず別の取引所の登録を検討してみるのも1つの方法です。

まとめ

Zaifの口座開設から2段階認証までの流れは、4つのSTEPで完了します。

本人確認をしないと実際のトレードや入出金はできないので、早めに手続きを済ませておくといいでしょう。

口座開設キャンペーンは行っていないものの、おてがるトレードというサービスで使うための特別ボーナスがもらえる、お得なキャンペーンは実施しています。

スマホで手続きすれば登録自体もそれほど手間はかからないので、ぜひ本記事を参考にしながらZaifの口座開設をしてみてはいかがでしょうか。

Zaifの口座開設に関する要点まとめ
  • Zaifの口座開設は2段階認証を含めると4つのSTEPで完了する
  • 実際に取引や入出金をするには本人確認手続きが必要
  • 口座開設キャンペーンは行っていないものの、その他のお得なキャンペーンは多数実施中
  • 時期によっては新規登録キャンペーンを行っている可能性もある

「他の取引所も気になる!」という人は以下の記事もあわせて読んでみてください。
プロトレーダーおすすめの国内取引所をランキング形式で紹介しています。

関連記事