爆益情報配信中!!!速報LINEの登録はコチラ

Everdome(DOME)とは?【3Dスキャナー導入のメタバースプロジェクト】

7 min 59 views

2021年あたりから、仮想通貨界隈で注目を集め続けているメタバースプロジェクト。

そんなメタバースプロジェクトの1つとして最近登場したのが、Everdome(DOME)です。

しかし、Everdomeはまだ開発途中ということもあり、プロジェクトの内容やトークンの詳細を知らない人も多いはず。

そこで本記事では、Everdomeの概要やトークン情報、将来性などを解説します。

Everdomeの特徴や将来性をまとめると…
  • Everdomeは火星をテーマにしたメタバースプロジェクト
  • 3Dスキャナーを使った超リアルな世界観や、美しいグラフィックが特徴
  • メタバースとしての技術は高く、これからの将来性が期待されている

Everdomeに関するよくある質問にもお答えしているので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

Everdome(DOME)とは?

それではまず、Everdomeの概要やトークンに関する情報を紹介します。

基本情報・概要

項目Everdomeの詳細情報
トークン名Everdome
シンボルDOME
総供給量100,000,000,000DOME
公式サイトhttps://everdome.io/

Everdomeは、火星をコンセプトに開発されたメタバースプロジェクトです。

メタバースを基軸にしたプロジェクトはいくつもありますが、Everdomeはメタバース内で使用するアバターやアイテムなどを3DスキャナーでNFT化しているのが特徴

3Dスキャナーとは、現実世界にあるものをリアルに立体化させる機械のことです。

Everdomeの3Dスキャナーは、METAHEROという超高精細なメタスキャニング技術と同じものを導入しています。

それにより、アバター・アイテム・建物などは超リアルに再現されており、現実世界と同じような感覚でメタバース内を散策できるとのこと。

さらにメタバースの開発には、PlayStation4やPlayStation5でも使われているUnreal Engineというプラットフォームが使用されています。

そのため、人や建物だけでなく映像全体を高グラフィックに再現しているのも、他のメタバースにはない特徴です。

また、Everdomeはプレイしながら仮想通貨を稼げる「Play to earn」システムを採用しています。

保有している土地やNFTの売買などもでき、いろいろな稼ぎ方があるようです。

プロジェクトに出資している投資家

現時点だと、Everdomeのプロジェクトには先述したMETAHEROなどがパートナー企業として提携しています。

METAHEROはメタバースの開発や3Dスキャナーの導入など、多方面にわたりEverdomeのバックアップをしているようです。

また、ディズニーやフェラーリからの仕事を請け負っているWDWという会社からも、機器提供やサポートを受けています。

他のパートナーや投資家に関する詳細はまだ分かりません。

2022年第一四半期にはパートナーや投資家の発表も控えているので、そちらの情報にも注目しておきましょう。

価格・チャート情報 ※2022年3月時点

Everdomeは、DOMEという独自トークンを発行しています。

現時点での情報だとDOMEの詳しい使用用途は発表されていません

ただ、一般的なメタバース系通貨の使い道を考えると、NFTの売買や不動産取引、広告スペースの支払いなどに使用する可能性が高いでしょう。

こちらはDOMEのチャート表です。

DOMEは2022年2月に取引所へ上場したばかりのトークンですが、上場直後に10円台の価格を記録しています。

そのあと価格は一旦落ち着き、2022年3月23日時点だと5~6円あたりを推移している状況です。

Everdome(DOME)の将来性は?

次に、Everdomeの将来性について見ていきましょう。

高度な技術やリアルなグラフィックで期待されている

Everdomeは、高度な技術やグラフィックを採用したメタバースプロジェクトとして期待されています。

これまでのメタバースは、現実世界とは違ったアバターを使い仮想空間内を散策できるものが主流でした。

一方、Everdomeの場合は自分そっくりなアバターを操作しながら火星を旅するという、いわば新しいタイプのメタバースです。

ドット絵やアニメのような映像の他メタバースとは違い、Everdomeではリアルを追求したグラフィックを楽しめるという特徴もあります。

こういった面が評価されることになれば、Everdomeの長期的な将来性が期待できるでしょう。

メタバースやNFTの市場拡大にも期待

Everdome自体の技術にも注目が集まっていますが、Everdomeが基盤としているメタバースやNFT市場の拡大にも期待がかかっています。

とくに2021年あたりからメタバース関連のプロジェクトは世界中で注目されており、いまではマーケティング分野やバーチャル店舗など、ビジネスシーンでも活用され始めました。

一部の企業では、メタバースを使った職業体験ビジネスなども導入しています。

他にも2021年11月には、IT関連企業の大手であるFacebookが、メタバース事業に注力するべく社名を「Meta」に変更すると発表したことも話題になりましたよね。

アメリカの通信社Bloombergは、2020年の世界におけるメタバースの市場規模は約4,800億ドルでしたが、2024年には約7,800億ドルにまで拡大すると予測しています。

また、メタバースと同じくNFT市場の拡大も年々進んでおり、仮想通貨界隈だけでなく一般的なメディアでも取り上げられるようになりました。

このように、Everdomeのようなメタバース・NFT関連の事業はこれからさらに成長する可能性が非常に高いです。

数年後は今よりもさらに多くの人から注目されるであろう分野なので、将来性も期待できるのではないでしょうか。

Everdome(DOME)の課題・懸念事項は?

続いて、Everdomeの課題や懸念事項について解説します。

競合が多い

Everdomeの懸念点として考えられるのは、メタバース系のゲームやプロジェクトには競合が多いことです。

先述したように、メタバース関連の事業は日々拡大しており、その分いろいろな企業が新しいプロジェクトを開発しています。

実際に2021年は、The SandboxDecentralandなどをはじめさまざまなメタバースゲームが流行しました。

2022年に入ってからもその勢いは衰えず、次々に新しいプロジェクトが登場しています。

これだけ競合が多くなると、やはり独自の魅力やユーザーを惹きつける工夫がないと、プロジェクトを発展させていくのは難しいでしょう。

Everdomeは3Dスキャナーやリアルなグラフィックなど、既に他のメタバースにはない強みをもっています。

こういった強みを活かし、他プロジェクトとの差別化を図ることが今後の課題になりそうですね。

3Dスキャンが世界に浸透するか

もう1つの課題として挙げられるのが、3Dスキャンが世界に浸透するかどうかです。

Everdomeの3Dスキャナにはソニーのカメラが利用されており、約200台のカメラによって精密な3Dスキャンができます。

人間をそのままスキャンすることも可能で、超リアルな人物としてメタバースの世界に反映できるのだとか。

ただ、Everdomeはまだ開発段階であり、実際のメタバースがどういった世界になるのかは不明な部分もあります。

ユーザーからするともっとも気になる点でもあるので、この技術がユーザーにどれだけ認められるのかは重要なポイントになるでしょう。

また、Everdomeで使う3Dスキャンを世界中で用意できるのかも懸念点の1つです。

メタバース内のリアルなものやアバターの再現は、3Dスキャンをする機材がないと成り立ちません。

その機材をどうやって世界中に展開していくのかという点も、注視しておきたいですね。

Everdome(DOME)のトークンを購入できる取引所は?

DOMEトークンを購入できる代表的な取引所は以下の通り。

BybitやGate.ioをはじめとする一部の海外取引所にて購入可能です。

なお、世界最大手のBinanceや同じく大手のFTXなど、DOMEが上場していない取引所も多くあります。

また、日本だとDOMEの売買ができる取引所はありません

プロジェクトが進展するにつれ、DOMEを扱う取引所も増えると予測されるので、今後の情報発表にも注目しておきましょう。

Everdome(DOME)のゲームの始め方・稼ぎ方

現時点だとEverdomeは正式な公開はされておらず、体験版のリリースもしていません

公式のロードマップによると、2022年第2四半期にVR体験版をリリース予定、2022年第3四半期にメインネットのリリースを予定しているようですが、日時の詳細は不明です。

ゲームの詳しい始め方も分からないので、これから新しい情報が更新されるのを待ちましょう。

なお、Everdomeには主に以下のような稼ぎ方があります。

  • 各種NFTや土地の売買で利益を得る
  • 広告を運用して収益を得る
  • DOMEトークンのステーキング

Everdomeは開発途中ということもあり、稼ぎ方に関してもまだ発表されていない点が多いです。

プロジェクトに進むにつれて新しい収益化方法なども追加される可能性が高いので、今後の情報に期待です。

Everdome(DOME)に関するよくある質問

ここからは、Everdomeに関するよくある質問をQ&A形式で紹介します。

Everdome(DOME)のトークンはDEXでも買えますか?

DOMEトークンはDEXでも購入できます

DOMEの売買ができる主なDEXはPancakeSwapです。

DEXでトークンを購入する場合、従来の取引所とは違ってスワップというやり方で通貨を交換します。

また、他のDEXでもDOMEを扱っている可能性はあるので、気になる人は確認してみるといいでしょう。

Everdome(DOME)のステーキングやイールドファーミングができる取引所はありますか?

DOMEトークンのステーキングは、Everdomeの公式サイトで行えます

公式でDOMEをステーキングする場合、預け入れるDOMEやメタマスクなどの外部ウォレットの他、手数料の支払いにBNBも必要です。

なお、DOMEのステーキングができる他の取引所はあまりないようですが、今後新しく対応する取引所が出てくる可能性はあるので、自身でもチェックしてみてください。

同じくDOMEのイールドファーミングができる取引所についても、現時点では不明です。

Everdome(DOME)の最新ニュースはどこで収集すればいい?

Everdomeの最新情報を知りたいときは、公式TwitterTelegramを利用するのがおすすめです。

TwitterとTelegramは、運営陣や他のメンバーが新しい情報を随時掲載しており、情報収集をするにはうってつけ。

また、Everdomeは公式のInstagramアカウントもあるので、いろいろな面から情報を集めたい人はそちらもチェックしてみるといいですよ。

Everdomeのランド(土地)はいくら?

Everdomeのランド機能はまだ公開されていないため、土地の価格については現時点だと不明です。

ただ、Everdomeは2022年3月31日より第一回ランドセールの開催を予定しています。

ランドセールの詳細についても未発表ですが、公式サイトを確認した限りだと、BSCネットワークを追加したメタマスクやDOMEが必要になる可能性が高いです。

公式にはランドセールまでのカウントダウンも掲載されているので、土地の購入方法などが気になる人はそれらの情報もぜひ確認してみてください。

Everdomeのランド(土地)や他NFTの購入方法は?

Everdomeはまだマーケットプレイスも開発段階のため、ランドや他NFTの詳しい購入方法は分かりません

他のメタバースプロジェクトを参考にすると、公式サイトに専用のマーケットプレイスが開設される可能性が高いでしょう。

なお、公式のロードマップによると2022年第4四半期から、徐々にマーケットプレイスの公開も始まるようです。

マーケットプレイスが公開されると、NFTの購入方法なども明らかになってくるはずなので、今後の情報に注目しておきましょう。

Everdomeは日本語に対応してますか?

Everdomeは現時点だと日本語には対応していないため、基本的には英語で公式サイトを確認する必要があります。

記載内容に分からない箇所があれば、Google翻訳などを使うのがおすすめです。

また、当サイトをはじめEverdomeに関する内容を日本語で解説しているサイトもあるので、困ったときはそういったツールも活用してみるといいでしょう。

Everdomeはスマホアプリでも利用できますか?

Everdomeはブラウザ用のメタバースなので、Google PlayやApp Storeでダウンロードできるスマホアプリはありません

ただし、Everdomeを使うときに必要なメタマスクや、DOMEの購入に利用するOKXなどはスマホアプリでも利用できます。

パソコンで操作したほうがやりやすいですが、どうしてもスマホを使いたい場合は、上記のような一部の操作のみスマホアプリを利用するといいでしょう。

まとめ

Everdomeは、火星をテーマにしたメタバースプロジェクトです。

3Dスキャナーを取り入れたリアルなグラフィックが特徴で、将来性も期待されています。

まだ開発段階のため不明な点が多いですが、プロジェクトが進展すれば人気を集める可能性は高いので、今後の情報に注目しておきましょう。

なお、Everdomeの独自トークンであるDOMEは、既にBybitGate.ioといった一部の海外取引所には上場しています。

PancakeSwapなどのDEXでも取引できるので、Everdomeに投資したい人はDOMEの購入もぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

Everdomeに関する内容まとめ
  • Everdomeは火星をコンセプトにしたメタバースプロジェクト
  • 3Dスキャナー技術を導入しており、仮想空間内にリアルな人物やものを再現できる
  • 競合が多いことや、3Dスキャナーがどれほどユーザーに浸透するかが課題
  • 2022年3月31日より第一回ランドセールを開催予定

メタバース銘柄を購入するなら、海外取引所がおすすめです。
以下の記事では中でもとっておきの取引所を紹介しているので、あわせてチェックしてくださいね。

カテゴリー:
公式LINE始めました!

仮想通貨で爆益を得るためには情報の鮮度が必須条件です!
こちらの【速報用LINE】に登録をしていただければ、完全無料で仮想通貨の情報を最速で提供します!
是非登録をして下さい。
何かわからないことなどがあれば気軽に質問をメッセージで送って下さい。
もちろん質問を送るのも完全無料です!
時間がある時に返信させて頂きます。
LINE登録はこちら→https://lin.ee/3SCGBl2

関連記事