爆益情報配信中!!!速報LINEの登録はコチラ

マネックスビットコインの登録方法・口座開設の手順

6 min 62 views

マネックスビットコインは、大手証券会社のマネックス証券が運営する暗号資産CFDというサービスです。

BTCやETHをはじめとする主要銘柄のレバレッジ取引ができるサービスとして、仮想通貨トレーダーの間でも少しずつ人気を集めています。

しかし、他の取引所に比べるとあまり有名ではなく、登録方法や必要書類などの情報も少ないため、口座開設の手順が分からず困っている人も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、マネックスビットコインの口座開設方法を画像付きで分かりやすく紹介します。

マネックスビットコインの登録方法をまとめると…
  • STEP1:証券総合取引口座の開設ページを開く
  • STEP2:メールアドレスや基本情報の入力
  • STEP3:本人確認書類の提出
  • STEP4:暗号資産CFD口座の開設

審査落ちの原因やキャンペーンについても記載しているので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

マネックスビットコインの登録前に準備しておくもの

マネックスビットコインの口座開設は、オンラインで手続きする方法と郵送で手続きする方法があり、それぞれで必要書類が異なります。

オンラインで口座を開設する場合、「個人番号カード」もしくは「運転免許証+通知カード」のどちらかが必要です。

郵送で口座開設をする場合は、顔写真付きの書類なら1種類、顔写真のない書類なら2種類を用意しておく必要があります。

提出できる書類の種類については、以下を参考にしてみてください。

顔写真付きの書類

  • 個人番号カード
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 日本国が発行する旅券(パスポート)
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 各種福祉手帳

顔写真なしの書類

  • 住民票の写し
  • 住民票の記載事項証明書
  • 印鑑登録証明書
  • 各種健康保険証
  • 各種年金手帳
  • 各種児童扶養手当証書
  • 医療受給者証
  • 医療手帳

なお、提出が認められているのは現住所・氏名・生年月日が確認できる書類のみです。

個人番号通知書は、マイナンバー確認書類としては使えません。

上記の他、登録用のメールアドレス・電話番号・パスワードなども必要なので、事前に準備しておきましょう。

マネックスビットコインの登録方法・口座開設完了までの流れ【画像付き】

それではここから、マネックスビットコインの登録方法を紹介します。

  1. STEP

    証券総合取引口座の開設ページを開く

    マネックスビットコインで仮想通貨の取引をするためには、証券総合取引口座と暗号資産CFD口座、2つの口座開設が必要です。

    まず証券総合取引口座を開設する際は、マネックスビットコインの公式サイトを開き、ページ上部のメニューから「暗号資産」を選んでクリックします。

    そうすると以下のページが表示されるので、右側にある「口座開設」ボタンを押しましょう。

    今回はより簡単に登録が完了する、オンラインでの口座開設方法で進めます。

    先ほどのページで口座開設をボタンを押したあと、以下の画面に切り替わったら「オンラインで申込む」をクリックしてください。

    次の画面で必要書類などを確認し、ページを下にスクロールします。

    NISA口座の開設を希望する場合は、このページから申込むことも可能です。

    注意事項や規約をチェックして問題なければ、ページ下部にある「お申込みフォームへ」をクリック。

    次のページでは口座開設する際の注意事項などが記載されているので、自分が各項目に当てはまっていないか確認しましょう。

    ページを下にスクロールすると、個人情報の取扱いや規約などもあるのですべて確認します。

    規定および重要事項の確認については、PDFファイルを開かないと下のチェックが入れられないため、すべてファイルを開いたうえで確認してください。

    確認が終わったらチェックマークを入れて「お申込みに進む」のボタンを押します。

  2. STEP

    メールアドレスや基本情報の入力

    以下のページが開いたら、登録用のメールアドレスを入力して「メールを送信する」をクリックしましょう。

    そうするとマネックスビットコインから口座開設のメールが届くので、そこに記載されているURLを開きます。

    なお、リンクの有効期間は発行してから24時間、URLクリック後30分なので、早めに手続きを済ますよう注意が必要です。

    リンクを開くと以下のページに移るので、名前・生年月日・住所などの基本情報を入力します。

    すべて入力できたら、画面下部にある「次へ(ご本人確認について)」をクリック。

    続いて本人確認のページが表示されたら、提出する本人確認書類を選びます。

    書類を選ぶと下に本人確認手続きの流れも表示されるので、確認しておくといいでしょう。

    ページを下にスクロールして、個人番号提供書への同意を確認します。

    確認が終わったらチェックマークを入れて「次へ(本人確認書類の撮影へ)」をクリックしてください。

  3. STEP

    本人確認書類の提出

    基本情報の入力ができたら、次は本人確認書類の撮影です。

    本人確認書類は以下のように、スマホでQRコードを読み取り撮影するか、メールに記載されたURLから撮影画面に進むかのどちらかを選べます。

    希望するほうを選び、画面の案内に従いながら本人確認書類を撮影しましょう。

    すべての写真を撮影すれば、本人確認書類の提出は終了です。

    後日マネックスビットコインから、登録完了のメールが届きます。

    メールに記載されている申込番号や登録した基本情報を入力して、ログインIDやパスワード、暗証番号などを照会しましょう。

    照会したあとマネックスビットコインにログインすれば、初期パスワードの変更もできます。

    ログインやパスワードの変更などが終われば、証券総合取引口座の開設は完了です。

  4. STEP

    暗号資産CFD口座の開設

    続いて、暗号資産CFD口座を開設します。

    マネックスビットコインにログインして暗号資産のページを開くと、右メニューに「暗号資産CFD口座開設」というボタンがあるはずなのでクリックしてください。

    お知らせやキャンペーンに関する確認事項が出たら、チェックして「次へ(内容確認)」をクリック。

    最後に内容確認のページで注意事項などを確認し、問題なければ「実行する」のボタンを押します。

    これで暗号資産CFDの口座開設も完了です。

    あとは専用のアプリをダウンロードすれば、実際の仮想通貨取引が行えます。

ミスや漏れがあるとうまく登録できないことがあるので、上記を一つずつしっかりと確認しながら進めていきましょう。

マネックスビットコインの登録に関するよくある質問

ここからは、マネックスビットコインの登録に関するよくある質問とその回答を紹介します。

口座開設の条件はありますか?

マネックスビットコインの口座開設には、以下の条件があります。

  • 未成年ではない
  • 外国に年6ヶ月以上居住していない
  • 外国籍ではない
  • 米国への納税義務がない
  • 外国PEPsではない

外国籍の人でも日本に居住しており、なおかつ在留カードや特別永住者証明書があることを証明できれば、口座開設は可能です。

逆に日本国籍を持っていても、外国に居住していると判断されると原則として口座開設はできません。

また、未成年が口座開設する場合は法定代理人の届出や、法定代理人と口座開設する人との関係を確認できる公的書類の添付などが必要です。

その他、利用規約や約定など細かい条件があるので、利用前に確認しておくといいでしょう。

なお、証券総合取引口座と暗号資産CFD口座はどちらも開設手数料は無料で、口座の維持費も一切かかりません

登録完了までどのくらいの時間がかかりますか?

登録完了までにかかる時間については、マネックスビットコインの公式サイトではっきりとした基準は明記されていません

口コミもあまりないので、どれくらいの時間を要するかは不明です。

ただ、一般的な仮想通貨の取引所では、ほとんどの場合は口座開設を申込んでから2~3日程度で審査が終わります。

遅くても1週間程度で終了することが多いため、マネックスビットコインもそれくらいの日数で登録が完了する可能性が高いでしょう。

審査状況によってはもう少し遅くなることも考えられるので、すぐに取引をしたい人は、早めに申込手続きを済ませておくのがおすすめです。

マネックスビットコインスマホアプリでも登録できますか?

マネックスビットコインは、スマホアプリからでも口座開設ができます

アプリを開くと下のメニュー画面に「口座開設」の項目があり、そこから口座開設ページの表示が可能です。

ただし、ボタンを押すとアプリからWeb版の口座開設ページへと切り替わる仕様なので、アプリ専用の開設フォームを利用できるわけではありません。

口座の開設手順は、本記事で紹介した方法と同じです。

口座開設キャンペーンはありますか?

マネックスビットコインでは、期間中に暗号資産CFD口座を新規開設した人を対象に、もれなく200ポイントのマネックスポイントを付与するキャンペーンを実施中です。

さらに口座開設後、取引数量の条件を満たした人のなかから抽選で100名に、NFTの教科書もプレゼントされます。

キャンペーン期間は、2022年1月21日~2022年2月20日です。

キャンペーンで獲得したマネックスポイントは各種サービスと交換できるので、口座開設がまだの人はぜひキャンペーンを利用するといいでしょう。

また、マネックスビットコインでは上記以外のキャンペーンやイベントを行っていることもあります。

キャンペーン内容は時期によって変わる可能性があるので、最新情報は公式サイトで確認してみてください。

口座開設できない、または審査に落ちた原因は?

マネックスビットコインの登録申請をした際、すべての人が口座開設できるわけではなく、審査に落ちてしまうこともあります。

審査落ちの理由としてもっとも多いのは、基本情報の間違いや本人確認書類の不備です。

基本情報の入力ミスがあったり、提出した本人確認書類の写りが悪かったりすると審査には通らず、口座開設ができません。

何かの不備が原因の場合、マネックスビットコインから不備があった箇所を指摘するメールが届くので、正しい情報や書類を再度提出すれば審査には通るはずです。

上記以外だと、金融資産や年収の低さが原因で審査に落ちてしまうこともあります。

この場合、マネックスビットコインから審査落ちの詳しい理由や基準は開示されません。

対策としては、貯金や年収が増えてから再度申請してみるしかないでしょう。

それでも審査に通らないときは、一度マネックスビットコインの口座開設は中断して、他の取引所に登録してみるのも1つの手段です。

まとめ

マネックスビットコインで仮想通貨の取引をするには、証券総合取引口座と暗号資産CFD口座、2つの口座開設が必要です。

口座開設の際はオンラインで申込むか、それとも郵送で登録するかのどちらかを選べます。

それぞれの方法で必要な本人確認書類は異なるので、事前にどんな書類を準備しなければならないかも確認しておくといいでしょう。

また、マネックスビットコインでは2022年1月21日~2022年2月20日までの期間限定で、新規口座開設キャンペーンを開催しています。

各種サービスと交換できるマネックスポイントがもらえる他、口座開設後に取引数量の条件をクリアするとNFTの教科書もプレゼントされるとのこと。

口座開設するだけでポイントが獲得できるお得なキャンペーンなので、この機会にぜひ登録を検討してみてはいかがでしょうか。

マネックスビットコインの口座開設に関する要点まとめ
  • マネックスビットコインを利用するには2つの口座開設が必要
  • 本人確認書類の提出方法は、オンラインか郵送かを選択できる
  • 新規口座を開設すると、200ポイントのマネックスポイントがもらえるキャンペーンを実施中

マネックスビットコイン以外の取引所が気になる人は以下の記事もあわせて読んでみてくださいね。

カテゴリー:
公式LINE始めました!

仮想通貨で爆益を得るためには情報の鮮度が必須条件です!
こちらの【速報用LINE】に登録をしていただければ、完全無料で仮想通貨の情報を最速で提供します!
是非登録をして下さい。
何かわからないことなどがあれば気軽に質問をメッセージで送って下さい。
もちろん質問を送るのも完全無料です!
時間がある時に返信させて頂きます。
LINE登録はこちら→https://lin.ee/3SCGBl2

関連記事