Axie Infinity(AXS)の特徴【ゲームの始め方・稼ぎ方・将来性を解説】

8 min 93 views

2021年の上半期あたりから、爆発的な人気を呼んだAxie Infinity(AXS)。

今では独自トークンのAXSも、世界中の取引所で扱われるようになりました。

ただ、Axie Infinityの名前を聞いたことはあるものの、ゲームの内容やトークンの詳細については知らない人も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、Axie Infinityの概要や将来性、AXSトークンを購入できる取引所などを紹介します。

Axie Infinityの特徴や将来性をまとめると…
  • Axie Infinityはアクシーというモンスターを戦わせて仮想通貨を稼げるNFTゲーム
  • ゲームの将来性は、今後のプロジェクト展開やメタバース市場での立ち位置がカギになる
  • トークンの価格低迷や、ゲームの持続性が懸念されている

Axie Infinityの始め方についてもお伝えしているので、ぜひ参考にしてくださいね。

Axie Infinity(AXS)とは?

まずは、Axie Infinityの基本情報やトークンの価格推移などを紹介します。

基本情報・概要

項目Axie Infinityの詳細情報
トークン名Axie Infinity
シンボルAXS
総供給量270,000,000AXS
公式サイトhttps://axieinfinity.com/

Axie Infinityは、ベトナムのゲーム会社が開発したブロックチェーンゲームです。

ゲームをプレイすることで仮想通貨を稼げる「Play-to-Earn」という新ジャンルを確立させたことで、大きな注目を集めました。

2018年にゲームがリリースされた当時は3,000人ほどのユーザーしかいませんでしたが、今では1日に最大200万人がプレイする世界最大規模のブロックチェーンに成長しています。

ゲーム内容としては、アクシーと呼ばれるモンスターを集めてバトルしたり、2体のアクシーを繁殖させて新しい固体を誕生させたりすることにより、トークンを稼げるというもの。

アクシーはNFT化されており、公式サイトにあるマーケットプレイスなどで、ETH建てで売買が可能です。

また、3体以上のアクシーを持っているオーナーからアクシーを借りてゲームをプレイすることもできます。

これは「スカラーシップ」と呼ばれ、アクシーを借りて稼いだ仮想通貨の一部はオーナーの手元に入り、残りの通貨は自分の稼ぎになるシステムです。

初期費用をかけずにゲームを始めたい人は、こういった制度も利用してみるといいでしょう。

その他、Axie Infinityには現在開発中の「Axie Land」というものがあります。

こちらはメタバース系ゲームのDecentralandThe Sandboxと同じように、バーチャル上の土地の売買ができるシステムのようです。

Axie Landの開発が進めば、今後はメタバース関連ゲームとしても注目されることになるでしょう。

プロジェクトに出資している投資家

2021年の10月に、Axie Infinityの開発元であるSky Mavisが、大手ベンチャーキャピタルのa16zなどから約170億円の資金を調達することが報じられました。

調達ラウンドはシリーズBにあたり、Accel PartnersやParadigmといった企業も同ラウンドに参加しているとのこと。

Axie Infinityはこの資金を使って、グローバルチームの立ち上げ・インフラの拡張・配信プラットフォームの構築などを行ったとされています。

また、Axie Infinityの公式サイトには以下のようなパートナー企業も掲載されていました。

SAMSUNGやUbisoft、さらには大手取引所のBinanceなどもプロジェクトに関わっているようです。

価格・チャート情報 ※2022年3月時点

Axie Infinityはゲームの独自トークンとして、AXSとSLPという2種類の通貨を発行しています。

どちらもゲームをプレイするうえでは重要なトークンなので、今回はそれぞれの価格やチャート情報を見ていきましょう。

AXSの価格推移

AXSは、Axie Infinityのガバナンストークンです。

ゲーム内でアリーナモードの上位ランクになると入手できる他、ステーキング報酬としても配布されています。

AXSの保有者は、Axie Infinityの運営や方針に関わる投票権を与えられるのも特徴です。

AXSのチャート表はこちら。

トークンが上場した2020年下半期あたりは、10円台の価格でした。

しかし、2021年に入ってNFTゲームがブームを巻き起こしたことによりAXSの価格も高騰し、2021年11月には最高値の18,000円台を記録しています。

倍率にすると1,000倍以上なので、驚くほどの上昇率ですよね。

そのあとは、BTCや他のアルトコインの価格が下落するのと共にAXSの価格もやや落ち着き、現時点では6,000円前後を推移しています。

SLPの価格推移

SLPは、Axie Infinityをプレイすることで稼げるゲームトークンです。

AXSのような、ガバナンストークンとしての機能はありません

以前まではAxie InfinityのアドベンチャーモードやデイリークエストをクリアすることでSLPを稼げていましたが、そのシステムは2022年2月のアップデートにより廃止されました。

現時点では、アリーナモードでのみSLPを稼げるようになっています。

以下はSLPのチャート表です。

上場した直後は1~2円前後でしたが、Axie Infinityが人気になるのと同時にSLPの価格も急上昇しました。

そして2021年の5月と7月におよそ40円近くまで値上がりしたあと価格はやや低迷気味になり、2022年3月現在は1~2円を推移しています。

Axie Infinity(AXS)の将来性は?

次に、Axie Infinityの将来性について解説します。

短期~長期的な将来性は期待できる

結論を先にいうと、Axie Infinityは短期~長期的な将来性は期待できるでしょう。

Axie Infinityは最近多くの仮想通貨トレーダーや投資家から注目を浴びている、NFTやメタバースに関連した銘柄です。

とくにメタバース市場に関しては急激に拡大しており、2021年10月にはFacebookが社名を「Meta」に変更すると発表したことでも話題になりました。

米Technaviのレポートでは、AR・VRの市場は2021年から2025年にかけて、およそ18.5兆円規模の成長を見せると予測しているようです。

Axie Infinityもそんなメタバースに関連した人気ゲームとして、既に多くのユーザーを獲得しています。

現時点だとAXSの時価総額ランキングは40位前後に位置しており、仮想通貨銘柄としての知名度も高いです。

以上のことから、Axie Infinityの人気が今すぐ衰退する可能性は低く、今後も伸びていくと考えるのが妥当でしょう。

ただ、初期の頃に比べるとゲームとしての盛り上がりや人気度は少し下がっているのが現状です。

Axie Infinityが、今後どのようにプロジェクトを展開していくのかにも注目しておきたいですね。

メタバース市場での立ち位置が今後のカギ

2021年以降、Axie InfinityのようなNFTやメタバースに関連したプロジェクトは人気が高まっており、新しいゲームが次々と開発されています。

最近ではDecentraland・The Sandbox・Bloktopiaなどをはじめ、さまざまなメタバースゲームが登場していますよね。

新たにリリースされたゲームは、Axie Infinityにはない機能性や映像美などの技術が組み込まれているものも多くあります。

メタバースやNFT市場の期待値を考えると、今後も人気の高いゲームは登場するはずです。

こういったゲームが出てきたときに、Axie Infinityがメタバース市場でどのような立ち位置を取るかがこれから先のカギになるでしょう。

Axie Infinityはまだまだ人気度が高く、新しい機能の追加やゲームのアップデートなども予定されています。

もし他のゲームにはない新たな機能などが実装されると、再度話題に挙がる可能性もあるので、そういった点にも期待しておきたいですね。

Axie Infinity(AXS)の課題・懸念事項は?

続いて、Axie Infinityの課題や懸念事項について見ていきましょう。

トークンの価格低迷

1つめの課題は、トークンの価格が低迷していることです。

価格・チャート情報の項目でも少し触れましたが、Axie Infinityのゲームトークンの価格は、最高値を記録したときに比べると大きく下落しています。

AXSは極端に暴落しているわけではないものの、SLPのほうは最高値の1/10以下まで価格が下がっている状況です。

トークンの価格が下がった主な理由は、ユーザーが増えて通貨が飽和状態になったことだといわれいます。

通貨の価格がこのまま回復しなければ、新しいユーザーを獲得できないだけでなく、既存ユーザーが離れていく可能性もあるでしょう。

ユーザーの離脱を解決するために、Axie Infinityでは新たなインセンティブ方式を計画しているようです。

もしこのシステムがうまくいけば、トークンの価格低迷も改善に向かうのではないでしょうか。

ゲームの持続性も懸念されている

もう1つ懸念されているのは、ゲームの持続性です。

Axie Infinityはプレイすることで仮想通貨を稼げるゲームとして注目されました。

しかし、一部のユーザーからは「ルールや操作が単純すぎて面白くない」といった声も挙がっています。

ゲームが流行った初期の頃は「SLPを稼ぐためにアドベンチャーやデイリークエストをクリアするのが作業的で飽きる」などの意見もあったようです。

ユーザーからするとゲーム自体が面白く感じられない場合、長くプレイすることはできません。

こういった持続性問題を解決することも、今後のAxie Infinityの課題といえるでしょう。

Axie Infinity(AXS)のトークンを購入できる取引所は?

AXSが購入できる代表的な取引所は、以下の通りです。

CoinMarketCapなどにもAXSを扱っている取引所が掲載されているので、気になる人は確認してみるといいですよ。

ちなみに、現時点だとAXSは日本の取引所では扱われておらず、海外の取引所でのみ購入可能です。

Axie Infinity(AXS)のゲームの始め方・稼ぎ方

Axie Infinityは、主に以下の手順で始められます。

  1. メタマスクをインストール
  2. Axie InfinityでRonin Walletを作成する
  3. Binanceなどの取引所でETHを購入する
  4. 購入したETHをメタマスクに送金し、公式サイトのRonin Brige機能でWETHに換金
  5. 公式マーケットでAxieを3体購入する
  6. アプリをインストールしてゲームを開始

ゲームを実際にプレイするには、最低でも3体のアクシーが必要です。

スカラーシップなら無料で始めることもできますが、それ以外だと初期費用がかかることも念頭に置いておくといいでしょう。

ウォレットの連携やアクシーの購入が完了したあと、アリーナモードなどで勝利をすればトークンを稼げます。

また、ブリードしたアクシーを売却することで利益をあげることも可能です。

なお、2022年3月時点だとランド機能はまだ開発途中なので、今後のアップデートに期待しておきましょう。

Axie Infinity(AXS)に関するよくある質問

ここからは、Axie Infinityに関するよくある質問をQ&A形式で紹介します。

Axie Infinity(AXS)のトークンはDEXでも買えますか?

AXSトークンはDEXでも購入できます

トークンを購入できる代表的なDEXはこちらです。

その他、Axie Infinityが独自に展開しているKatanaというDEXでも、AXSの取引ができます。

Axie Infinity(AXS)のステーキングやイールドファーミングができる取引所はありますか?

AXSは、以下のような取引所・DEXでステーキングやイールドファーミングができます。

  • Bybit
  • Binance
  • Katana
  • SushiSwap

その他、一部の取引所でAXSのステーキングやファーミングに対応している可能性もあるので、興味のある人は確認してみるといいでしょう。

Axie Infinity(AXS)の最新ニュースはどこで収集すればいい?

Axie Infinityの最新ニュースは、公式TwitterDiscordで収集するのがおすすめです。

TwitterやDiscordなら、他のサイトよりも早く情報が配信されています。

Facebookやインスタグラムなどの公式SNSもあるので、いろいろな面から情報を集めたい人はそちらもチェックしてみるといいですよ。

Axie Infinityの土地(ランド)の価格はいくら?

2022年3月時点では、Axie Infinityのランドは安いものだと70~80万円程度の価格で売買されています。

高価な土地は、100万円以上の価格で取引されているようです。

Axie Infinityの公式マーケットプレイスで各ランドの価格を閲覧できるので、そちらもぜひ確認してみてください。

Axie Infinityの土地(ランド)やアクシーの購入方法は?

Axie Infinityの土地やアクシーは、公式やOpenSeaなどをはじめとするNFTマーケットプレイスで購入可能です。

公式のマーケットプレイスで購入する場合は、WETHという通貨を使います。

たとえば公式マーケットプレイスでアクシーのNFTを選択すると、以下のように各アクシーの価格を確認できますよ。

気に入ったアクシーがあればクリックして「Buy now」のボタンを押せば購入できます。

あとでアクシーが不要になれば、マーケットプレイス内で売却も可能です。

なお、各マーケットプレイスによって売買方法は異なるので、取引ルールや必要な通貨などはその都度確認してみてください。

Axie Infinityは日本語に対応してますか?

Axie Infinityは今のところ日本語には対応しておらず、英語でしか表示できません

ゲーム内で分からない表示があれば、Google翻訳などを使うのがおすすめです。

また、Axie Infinityの始め方やプレイ方法を日本語で解説しているブログ・サイトも多くあるので、もし分からないことがあればそういったツールも活用するといいでしょう。

Axie Infinityはスマホアプリでも遊べますか?

現状だとAxie InfinityはWindows・Mac・AndroidのWeb版アプリしかなく、Google PlayやApp Storeでダウンロードできるスマホアプリはありません。

iOSはTestFlightのみ対応していますが、実質的にほぼプレイできない状況です。

また、Android端末でもプレイ自体は可能ですが、Axie InfinityはRonin Walletの連携やマーケットプレイスでのNFT購入など、いろいろな操作をする必要があります。

こういった準備はスマホよりもパソコンのほうが簡単なので、できればパソコンを使って始めるのが無難です。

まとめ

Axie Infinityは、プレイすることで仮想通貨を稼げるNFTゲームです。

ゲームにはAXS・SLPという2つのトークンがあり、アリーナモードで一定条件を満たすと各通貨を獲得できます。

ゲームを始めるにはアクシーを3体購入する必要がありますが、スカラーシップ制度を利用すれば、無料でプレイすることも可能です。

AXSトークンは、BybitBinanceをはじめとする海外取引所や、Axie Infinityの公式DEXであるKatanaなどで購入できます。

一時期に比べるとトークンの価格はやや下がっているものの、Axie Infinityはまだまだ人気のあるゲームなので、興味のある人はぜひAXSの購入も検討してみるといいでしょう。

Axie Infinityに関する内容まとめ
  • Axie Infinityはアクシーと呼ばれるモンスターを戦わせることで仮想通貨を稼げるNFTゲーム
  • 独自トークンにはAXSとSLPの2つがある
  • AXSはBybit・Binance・Katanaなどの海外取引所やDEXで購入できる
  • 一部の取引所・DEXではAXSのステーキングやイールドファーミングも可能

メタバース銘柄を購入するなら、以下の記事で紹介している海外取引所がおすすめです。
あわせてチェックしてくださいね。

関連記事