MOBOX(MBOX)とは?【通貨取引やRPG系などいろいろなゲームがプレイできる】

7 min 68 views

2021年あたりからメタバースゲームの1つとして注目されているMOBOX(MBOX)。

MOBOXにはさまざまなゲームがあり、お気に入りのプレイ方法で実際に仮想通貨を稼ぐことも可能です。

しかし、日本ではまだそれほど浸透しておらず、名前を聞いたことはあるもののゲームやトークンの詳細については知らない人も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、MOBOXの概要やトークン情報、ゲームの始め方などを解説します。

MOBOXの特徴や将来性をまとめると…
  • MOBOXはGameFiと呼ばれるメタバースゲームの1種
  • メタバース内では通貨取引やRPG系などいろいろなゲームをプレイできる
  • 登場するキャラクターやアイテムはNFT化されており、マーケットプレイスで売買が可能
  • ゲーム内容やメタバース市場の需要を考えると、将来性にも期待が持てる

MOBOXに関するよくある質問にもお答えしているので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

MOBOX(MBOX)とは?

まずは、MOBOXの概要やトークンの情報について紹介します。

基本情報・概要

項目MOBOXの詳細情報
トークン名MOBOX
シンボルMBOX
総供給量1,000,000,000MBOX
公式サイトhttps://www.mobox.io/#/

MOBOXは、GameFiと呼ばれるメタバースゲームの1つです。

GameFiとはGame(ゲーム)とDeFiを組み合わせた言葉で、主にブロックチェーン技術を使って開発されたゲームのことをいいます。

ゲームをプレイすることで、実際に仮想通貨を稼げるのが特徴

MOBOXのゲームにはMOMOという、ボックスのような形をしたキャラクターなどが登場します。

キャラクターやアイテムはNFT化されていて、各マーケットプレイスで売買が可能です。

MOBOXで遊べる主なゲームは以下の通り。

  • MOMO NFT Farmer
  • Trade Action
  • MOMO Block Brawler
  • MOMO Token Master
  • MOMO Tactical Party Slayer

なかでも代表的なのはTrade Actionというゲームで、こちらは3種類の通貨取引ゲームができます。

付与された賞金を使って取引の利益を競ったり、100~1000倍のレバレッジ取引で勝負をしたりなど、さまざまな楽しみ方があるようです。

また、武器を集めながら他プレイヤーやボスと対戦するMOMO Block Brawlerも人気ゲームの1つ。

Trade Actionとは違ってRPG要素が強く、1シーズン2週間ごとにバトルが行われています。

一部のゲームはまだ開発途中ですが、これから新しいタイトルも随時追加される予定とのこと。

プロジェクトに出資している投資家

MOBOXのプロジェクトには、多数の投資家や企業が出資をしているようです。

公式サイトには、以下のようなパートナー企業が掲載されていました。

大手取引所のBinanceやそのファンドであるBinance Labs、さらにMDEXやCoinMarketCapなど、仮想通貨関連の企業と多く提携しています。

なかでもBinanceからは、全面的なバックアップを受けているようです。

BinanceのローンチパッドでMBOXが上場したり、スマホアプリでMOBOXのミニゲームが実装されたりなど、さまざまなサポートを受けています。

価格・チャート情報 ※2022年3月時点

MOBOXはMBOXという、ゲームのネイティブトークンを発行しています。

以下はMBOXのチャート表です。

トークンが市場に流通し始めた2021年代の前半は、60~300円程度の価格を推移していました。

しかし、ゲームが注目を集め出した8月あたりに、MBOXの価格は1,000円台にまで急上昇。

そのあとも人気を保ち続け、12月には最高値となる1,700円台を記録しています。

上昇率でいうと20倍以上なので、短期間で大きな値上がりをした銘柄といえますね。

2022年に入ってからは価格は下落ムードになり、2022年3月18日時点だと200円前後を推移している状況です。

MOBOX(MBOX)の将来性は?

次に、MOBOXの将来性について解説します。

ゲームの種類が多く、人気が出る可能性は高い

MOBOXと同じGameFiはいくつもあります。

そんななか、MOBOXはトレードバトル・RPG・キャラクターの育成をはじめ、数種類のゲームを楽しめるのが特徴です。

他のメタバースやNFTゲームだと、同じようなジャンルのゲームしかプレイできないものも多くあります。

そういった点では、ゲームの種類が多くいろいろな楽しみ方ができるMOBOXは、今後も人気をキープできる可能性は高いでしょう。

新しいタイトルのリリースも控えているので、より多くのユーザーを獲得してさらなる人気度の上昇にも期待したいですね。

メタバース・NFT市場の拡大にも期待

MOBOXのような稼げるメタバースゲームは、2020~2021年あたりから急激に注目され始めています。

とくに2021年はDecentralandThe Sandboxなどをはじめ、多数のメタバース関連銘柄が世界中で話題になりました。

2021年11月にはFacebookがメタバース事業に力を入れるべく、社名を「Meta」に変更したことも記憶に新しいのではないでしょうか。

米国の調査会社Emergen Researchのレポートでは、世界のメタバース市場は2028年に8,289億ドル規模に成長すると予測されています。

メタバースと同じように注目されているNFT市場も、今後はさらに発展していくはずです。

MOBOXはこれだけの期待値があるメタバースやNFTをベースにしたゲームなので、将来性はおおいに期待できるでしょう。

MOBOX(MBOX)の課題・懸念事項は?

今後のプロジェクト拡大に期待がかかっているMOBOXですが、ゲームが今のような需要をいつまでも保てるとは限りません。

ゲームやトークンに投資する前に、知っておくべき課題・懸念事項を解説します。

他ゲームとの差別化ができるか

MOBOXがこれからプロジェクトをさらに成長させるためには、他ゲームとの差別化ができるかという点は大きな課題になるでしょう。

将来性の項目でも少し触れましたが、近年はメタバースやNFTに関連したゲームは各企業から数多くリリースされています。

MOBOXと同じく稼げるGameFiも続々と登場しており、いわば競合も多い状況です。

そのため、MOBOX以上に楽しいと思われるゲームや、より稼げるゲームが登場すれば、それらにユーザーが流れてしまうことも考えられます。

MOBOXはプレイできるゲームの種類が多く、新しいタイトルがリリース予定なことを考えると、すぐに人気が衰える可能性は低いでしょう。

とはいえ、ゲームの人気を高めるためには新しい機能の追加や、新規ユーザーを獲得するための工夫などは必要不可欠です。

これからMOBOXの運営陣がどのような施策を行っていくのかにも、注目しておきたいですね。

さらに多くの取引所への上場

MOBOXのもう1つの課題は、さらに多くの取引所に上場できるかどうかという点です。

仮想通貨はどの銘柄においても、プロジェクトやトークンの知名度を上げるためには大手取引所への上場が必須といえます。

これは大手の取引所に上場するとトークンの流動性が上がるだけでなく、プロジェクトの人気や知名度の底上げにもつながるためです。

MBOXトークンは既に、BinanceやHuobi Globalといった一部の取引所には上場しています。

しかし、BybitFTXなど、MBOXを扱っていない大手取引所もまだまだ多い状況です。

また、日本だとMBOXが上場した取引所は1つもありません。

今後そういった取引所に新しく上場できるかも、MOBOXの課題になるでしょう。

MOBOX(MBOX)のトークンを購入できる取引所は?

MBOXトークンを購入できる代表的な取引所は、以下の通りです。

その他、海外であればマイナーな取引所でもMBOXを扱っています

CoinMarketCapなどにもMBOXの売買ができる取引所が載っているので、気になる人はぜひ確認してみてみるといいですよ。

MOBOX(MBOX)のゲームの始め方・稼ぎ方

MOBOXを実際に始めるときは、以下の流れを参考にしてみてください。

  1. メタマスクなどの外部ウォレットを登録
  2. Binanceなどの取引所でBNBを購入
  3. 購入したBNBをメタマスクに送金
  4. MOBOXでアカウント登録
  5. MOBOXとメタマスクを接続

ここまで完了したら、ウォレットにあるBNBを換金してNFTを購入したり、各種ゲームトークンに変換したりなどしてゲームをプレイ可能です。

MOBOXで稼ぐ方法としては、下記のようなものがあります。

  • ゲームで勝利してMBOXトークンを報酬としてもらう
  • MOMO NFT FarmerにてMOMOを預け入れ、マイニング報酬を得る
  • MOMOやアイテムを売却する

ゲームで各種条件をクリアして報酬を得るのがメインの稼ぎ方ですが、MOMOをNFT Farmerに預け入れて、マイニング報酬を獲得することも可能です。

また、保有しているMOMOやNFTアイテムの市場価値が高騰すれば、売却して利益を得るという方法もあります。

MOBOX(MBOX)に関するよくある質問

ここからは、MOBOXに関するよくある質問をQ&A形式で紹介します。

MOBOX(MBOX)のトークンはDEXでも買えますか?

MBOXトークンはDEXでも購入できます

MBOXの売買ができる主なDEXはPancakeSwapです。

その他、ApeSwapなどBSCを基盤にしている一部のDEXではMBOXの売買や交換に対応しているので、確認してみるといいでしょう。

MOBOX(MBOX)のステーキングやイールドファーミングができる取引所はありますか?

MBOXのステーキング・イールドファーミングは、BinanceやPancakeSwapなどで行えます

また、MOBOXの公式サイトにてMBOXのステーキング・ファーミングも可能です。

MOBOX(MBOX)の最新ニュースはどこで収集すればいい?

MOBOXの最新ニュースを収集したいときは、公式TwitterTelegramを利用するのがおすすめです。

TwitterやTelegramは一般的なサイトやブログよりも情報が出るのが早く、最新ニュースをいち早くチェックできます。

その他、ブログ型コンテンツ発信プラットフォームのMediumにもMOBOXの公式ページがあるので、あわせて確認してみるといいでしょう。

MOBOXのMOMOの価格はいくら?

MOMOの価格はそれぞれで異なりますが、一般的な相場は以下を参考にしてみてください。

安いMOMOだと20~40BUSDで売られているので、2022年3月18日時点のレートだと、日本円で2,000~4,000円程度が相場になるでしょう。

高価なMOMOになると、100万円を超えるものもあります。

各MOMOにはレア度があるため、当然レアなMOMOほど高額になる仕組みです。

MOBOXのMOMOの購入方法は?

MOMOは公式サイトをはじめとするマーケットプレイスで購入できます

公式で購入する場合、まずはマーケットプレイスの画面を開いて入手したいMOMOをクリックしましょう。

そうすると以下のような画面に移るので、ページ右側にある「Purchase」のボタンをクリック。

メタマスクの画面が立ち上がったら、任意の金額でBNBをBUSDへとスワップ(交換)します。

スワップできたらもう一度「Purchase」を押し、最後に「Confirm」ボタンをクリックすればMOMOの購入は完了です。

なお、MOMOは「チェスト」と呼ばれるボックスのようなものを開けることでも入手できます。

チェストを開けるにはKEYというトークンが必要で、こちらもBNBを使って換金可能です。

BNBとKEYのスワップは公式サイト、もしくは公式からPancakeSwapを介して行えます。

実際にゲームをプレイする機会のある人は、チェストのオープンにも挑戦してみるといいでしょう。

MOBOXは日本語に対応してますか?

現時点だとMOBOXは日本語には対応しておらず、基本的には英語のみの表示です。

もし操作方法などで分からない箇所があれば、Google翻訳を使うのがおすすめ。

当ブログのように日本語でMOBOXの始め方やプレイ方法を解説しているサイトもいくつかあるので、迷ったときはそれらもチェックしてみるといいですよ。

MOBOXはスマホアプリでも利用できますか?

MBOXはスマホアプリでも利用できます

アプリ版でもWeb版と同じように、登録やログインも可能です。

まとめ

MOBOXは、ブロックチェーン技術を使って開発されたメタバースゲームです。

メタバース内では通貨取引バトルやRPG系ゲームなど、いろいろなゲームをプレイできます。

近年メタバースやNFT市場は年々拡大しているので、MOBOXの将来性も期待できそうです。

なお、MOBOXのネイティブトークン・MBOXは、BinanceHuobi Globalといった海外の取引所で購入できます。

PancakeSwapやApeSwapなど一部のDEXでも売買できるので、気になる人はぜひチェックしてみるといいでしょう。

MOBOXに関する内容まとめ
  • MOBOXはGameFiと呼ばれるメタバースゲーム
  • メタバース内でゲームに勝利したり、MOMOや各種トークンを預け入れたりなどで仮想通貨を稼げる
  • ゲームは始めるにはメタマスクなどの外部ウォレットが必要

メタバース銘柄を購入するなら海外取引所がおすすめです。
以下の記事ではランキング形式で紹介しているので、あわせて読んでみてください。

関連記事