Walken(WLKN)とは?【無料で始められるMove to earn】

7 min 56 views

運動して稼げるMove to earnアプリとして、最近新しく登場したWalken(ウォークン)。

2022年6月には、Bybitをはじめとする複数の取引所に上場したことでも話題になりました。

しかし、ゲームとしてはまだリリースされたばかりで情報が少なく、プロジェクト内容やトークンに関する詳細が気になっている人も多いはず。

そこで本記事では、Walkenの概要や将来性、WLKNトークンの購入方法などを解説します。

Walkenの特徴や将来性をまとめると…
  • Walkenは歩いたりバトルしたりすることで仮想通貨を稼げるゲーム
  • ゲームで稼ぐにはCAThleteというキャラクターNFTが必要
  • CAThleteはゲーム開始時に無料で1体もらえる
  • 独自要素が多く、将来性も期待されている

Walkenの始め方や稼ぎ方もお伝えするので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

Walkenとは?

まずは、Walkenがどういったプロジェクトなのか紹介します。

基本情報・概要

こちらはWalkenの基本情報です。

項目Walkenの詳細情報
トークン名Walken
トークンシンボルWLKN
対応チェーンSolana
トークン総額2,000,000,000WLKN
公式サイトhttps://walken.io/

無料で始められるMove to earnゲーム

Walkenは、歩くことで仮想通貨を稼げるMove to earnジャンルのNFTゲームです。

他のMove to earnとは違って、Walkenは無料で始められるのが特徴

ゲーム内で使うのは、動物をモチーフにした「CAThlete」というNFTキャラクターです。

トークンを稼ぐのに必要なNFTは、ゲーム開始時に無料で1つもらえます。

初期費用がかからないため初心者でも気軽に参入できることから、仮想通貨界隈でも注目されているプロジェクトです。

キャラクターのレベルを上げながらバトルをする

Walkenは、キャラクターのレベルを上げながらバトルするのが主なゲームスタイルです。

NFTのCAThleteを保有した状態で歩くと、歩数に応じてGEMというものを獲得できます。

また、キャラクター同士のバトルに勝利すると、Walkenの独自トークンであるWLKNも獲得可能

そして溜まったGEMとWLKNを使いキャラクターのレベルを上げて、より高ランクのリーグでバトルをするという流れです。

バトルではCAThlete自体のステータス値が関係しますが、1日の歩数も勝敗を左右します。

つまり、ステータスの高いCAThleteを保有していて、なおかつたくさん歩いている人がバトルで勝利しやすいということですね。

メタバース関連の要素や新しい機能も追加予定

以下はWalkenの公式サイトに掲載されているロードマップです。

既にベータ版アプリやマーケットプレイスはリリースされています。

今後は2つのNFTを掛け合わせて新しいNFTを生み出すミント機能や、ステーキング機能の実装も予定しているようです。

また、将来的にはメタバース関連の要素も組み込んでいくとのこと。

プロジェクトに出資している投資家

Walkenのプロジェクトには、以下のような企業や投資家が出資しています。

STEPNにも投資しているMORNINGSTARや、Genopetsのプロジェクトに関連しているMoonchain CAPITALなど、名だたる企業が出資しているようです。

Walkenは上記の投資家から、およそ460万ドルの資金調達を実施したことも発表されています。

プロジェクトが勢いに乗れば、Walkenに出資する投資家もさらに増えるのではないでしょうか。

価格・チャート情報 ※2022年6月時点

こちらは、WLKNトークンのチャート情報です。

上場直後に20円付近まで暴騰したあと、一度12円あたりまで下落しました。

しかし、そのあと価格はまた高騰しています。

2022年6月25日時点での価格は、21円前後です。

Walkenの将来性は?

ここからは、WLKNの将来性について解説します。

他のMove to earnにはない独自要素があり期待値は高い

Walkenは、他のMove to earnゲームにはないキャラクター同士のバトル要素を取り入れています。

バトルといっても簡易的なレース形式のミニゲームのようなものですが、他のMove to earnアプリとは違った楽しみ方ができるので、人気が出る可能性は高いでしょう。

たとえばMove to earnの先駆けとなったSTEPNはあくまでも運動がメインのゲームで、現状だとバトル要素はありません。

他の運動して稼ぐアプリも、そのほとんどは単純に運動してプレイすることを目的にしています。

Walkenのようにキャラクターの育成・バトル・運動といったいろいろな要素を組み込んだアプリは少ないので、ユーザーからの期待値は高いです。

上記の点に加えて、Walkenは無料で始められるという強みもあります。

既に一部のユーザーからは注目を集めており、今後プロジェクトが拡大していく可能性もありそうです。

さらなる大手取引所への上場も期待されている

Walkenは、他の取引所への上場も期待されています。

Walkenの独自トークンであるWLKNは、2022年6月21日に複数の取引所へ上場しました。

取引所への上場に伴い、WLKNの価格も高騰しています。

ただ、現状だとWalkenを扱っているのは、BybitHuobi Globalをはじめとする一部の取引所のみです。

そのため、今後Walkenが新しい取引所に上場すれば、さらに価格が上がる可能性もあります。

Walkenはまだ始まって間もないプロジェクトなので、より多くの取引所で扱われるようになることも期待しておきたいですね。

Walkenの課題・懸念事項は?

Move to earnアプリのなかでも期待値の高いWalkenですが、課題や懸念事項もあります。

開発が問題なく進むか

ゲームの開発が問題なく進むかどうかは、Walkenの懸念点です。

最近ではWalken以外にもさまざまなMove to earnアプリが登場していますが、そのほとんどがまだ開発段階にあります。

Move to earnアプリとしてもっとも有名なSTEPNも、現時点ではベータ版ゲームしかリリースしていません。

正式リリース前のゲームでは基本的に、ユーザーの意見やゲームの進行状況を見つつ、アップデートや改善が行われます。

もちろん、ベータ版をリリースしたばかりのWalkenも開発途中です。

運営は頻繁にアプリのアップデートや更新も進めているようですが、ロードマップ通りに開発が進むとは限りません。

途中で問題が発生すると、ユーザーが離脱したり、ゲームの開発が遅れたりする可能性もあります。

Walkenに投資するのであれば、開発が順調に進んでいるかにも注視しておく必要があるでしょう。

多くのユーザーを獲得できるか

どれだけ多くのユーザーを獲得できるかも、Walkenの課題です。

先述したように、最近の仮想通貨界隈ではさまざまなMove to earnゲームがリリースされていますよね。

STEPNのパクリゲームといわれているゲームも多いですが、Walkenのように将来が有望視されているプロジェクトもあります。

ただ、競合が多いなかで人気を集めるのは容易ではなく、それぞれが自社のゲームで成功するために、マーケティングや宣伝活動を行っている状況です。

Walkenも独自の強みを活かしてある程度の人気を集めてはいますが、STEPNやGenopetsなどの有名なゲームに比べると、ユーザー数はやはり劣ります。

今後はそれらのゲームとどのように差別化を図り、より多くの人から注目されるかが、プロジェクト成功のカギになるでしょう。

WalkenのトークンWLKNの購入方法は?

WLKNトークンを購入できる主な取引所は以下の通りです。

どこを使っても問題ないので、自分にとって使いやすい取引所を選ぶといいでしょう。

とくにこだわりがないのであれば、日本人ユーザーの多い大手取引所として知られる、BybitやGate.ioの利用を検討するのがおすすめです。

なお、現時点だと日本でWalkenを扱っている取引所はありません

Walkenの始め方

Walkenを始める際の手順を紹介します。

アプリをダウンロードしてアカウント登録をする

まずはWalkenのアプリをダウンロードして、アカウント登録をしましょう。

アプリはWalkenの公式サイトから、App StoreとGoogle Playのそれぞれでダウンロードできます。

ダウンロードが完了したらアプリ画面を開いて、アカウント作成をします。

アカウントは以下のうち、自分の好きなものを使って登録可能です。

  • Appleアカウント
  • Googleアカウント
  • Facebookアカウント

登録を進めるとウォレットのリカバリーフレーズが表示されるので、メモなどに書き残しておきましょう。

リカバリーフレーズはウォレットやアカウントの復元をする際に必要なため、絶対になくさないよう保管しておいてください。

リカバリーフレーズをメモしたら、次の画面で同じ英数字を入力します。

最後に「Get CAThlete」のボタンを押してNFTをゲットしたら、アカウント登録は完了です。

スマホのヘルスケアアプリと連携する

アカウント登録後にヘルスケアアプリの画面が表示された場合は、そのままスマホと連携させましょう。

ヘルスケアアプリが起動したら「ウォーキング+ランニングの距離」と「歩数」をONにして「許可」をタップしてください。

これで普段歩いているぶんの歩数も自動でカウントされるようになります。

あとはキャラクターのバトルや運動をすれば、Walkenトークンを獲得可能です。

Walkenの稼ぎ方

Walkenで実際に稼ぐ方法も見ておきましょう。

歩く&バトルして稼ぐ

Walkenのメインとなる稼ぎ方は、歩く&バトルをしてトークンを貯める方法です。

CAThleteを保有した状態で歩くと歩数がカウントされ、1,000歩ごとに1GEMを獲得できます。

獲得したGEMは、CAThleteのレベルを上げるために必要なゲージのようなものを満タンにする際に使います。

歩くのと並行して、CAThleteのバトルも行いましょう。

バトルで勝利すると、WLKNがもらえます

GEMはマーケットプレイスでの売買はできませんが、WLKNは取引所での売買ができるので、換金すれば実際の利益を獲得可能です。

また、GEMを消費してCAThleteのゲージを満タンにしておき、さらにその状態でWLKNを使うと、CAThleteのレベルが上がります。

つまり、CAThleteのレベルを上げるにはGEMとWLKNの両方が必要ということです。

なお、CAThleteのレベルが上がるとバトルのランクも上がり、より多くのWLKNを稼げるようになります。

NFTを売却する

Walkenで稼ぐもう1つの方法は、NFTを売却することです。

マーケットプレイスが実装されて以降、Walkenではキャラクターや各種アイテムの売買もできるようになっています。

保有しているNFTをマーケットプレイスで売れば、売却益としてトークンを獲得可能です。

ちなみに、CAThleteはレベル6になることで正式にNFT化され、マーケットプレイスに出品できます。

Walkenに関するよくある質問

ここからは、Walkenに関するよくある質問をQ&A形式で紹介します。

WLKNはDEXでも買えますか?

現状だと、WLKNがDEXで購入できるという情報は発表されていません

プロジェクトが拡大すればDEXでもWLKNの扱いが始まる可能性が高いので、今後の情報に注目しておきましょう。

WLKNのステーキングやイールドファーミングができる取引所はありますか?

WLKNのステーキングやイールドファーミングができる取引所についても、現時点では確認できていません

なお、公式のロードマップによれば2022年の第二四半期(7~9月あたり)にステーキング機能を実装予定です。

Walkenの最新ニュースはどこで収集すればいい?

Walkenの最新ニュースを確認したいときは、公式のTwitterやDiscordを利用するのがおすすめです。

TwitterDiscordでは、運営やユーザーがWalkenに関する重要な情報やアップデート内容などを発信しています。

その他、ブログ形式のMediumTelegramの公式ページもあるので、情報収集をしたい場合はそちらもチェックしてみるといいですよ。

Walkenは日本語に対応してますか?

現状Walkenは日本語に対応しておらず、公式サイトやアプリはすべて英語表記です。

分からない箇所がある場合は、Google翻訳や専用の翻訳アプリを使って日本語に変換するのがおすすめ

当ブログのように、Walkenの基本ルールや遊び方を日本語で解説しているサイトもあるので、困ったときはぜひ活用してみてください。

WalkenのNFTの入手方法や価格は?

Walkenはゲームプレイ時に無料でもらえる他、アプリ内のマーケットプレイスでも購入可能です。

アプリのマーケットプレイスでは、記事執筆時点だとCommonのCAThleteが1,000~1,500WLKN前後で出品されています。

日本円だと、NFT1体につき20,000~30,000円程度の価格がついているようですね。

上記以外に、OpenSeaなど一部のマーケットプレイスでもWalkenのNFTが販売されています。

なお、各マーケットプレイスによって価格が異なるので、それぞれいくらなのか確認したうえで売買を検討するといいでしょう。

他のMove to earnアプリと同時に利用できますか?

Walkenは、他のMove to earnアプリと同時に利用できます

たとえばSTEPNやSweatcoinと併用することで、効率よくトークンを稼ぐことが可能です。

ただし、他アプリとの相性によってはエラーが出る可能性もあるので、併用しても問題ないか慎重に確認しておきましょう。

まとめ

Walkenは、歩くことで仮想通貨を稼げるMove to earnアプリです。

他のゲームとは異なり、動物のキャラクターNFTを使ったバトルや育成要素を組み込んでいるのが特徴。

無料で始められるという強みもあり、今後の将来性が期待されています。

BybitGate.ioといった一部の取引所ではWLKNトークンの売買もできるので、ゲームとあわせてWLKNの投資も検討してみてはいかがでしょうか。

Walkenに関する内容まとめ
  • Walkenは運動やバトルで仮想通貨を稼げるMove to earnアプリ
  • CAThleteのレベルを上げることで稼げるトークンも増える
  • リリースされたばかりのアプリなので、開発が順調に進むかにも要注目

WLKNを購入するなら以下の記事で紹介している取引所がおすすめです。
ランキング形式でお伝えしているので、あわせて読んでみてくださいね。

関連記事